ジャーマンシェパードの性格や特徴、しつけや寿命、飼い方は?

「ドイツの牧羊犬」と言う意味を持つドイツ原産のジャーマンシェパード。

警察犬のイメージが強いですが、世界中の様々な場所で「世界最高の使役犬」として活躍していますよ。

この記事では、ジャーマンシェパードの性格、体重や被毛の特徴、寿命や病気、飼い方、しつけや歴史についてまとめました。

 

ジャーマンシェパードの基本情報

German Shepherd

歴史

ジャーマンシェパードドッグの起源は新しく、A・メイヤー氏とフォン・ステファニッツ中尉が19世紀末に始めた繁殖プログラムによって開発された犬種です。

何百年も前からドイツの山岳地方で飼育されてきた牧羊犬をもとに、万能作業犬として改良が繰り返されました。

 

大きさや特徴

男の子体高:55~65cm
体重:22~40kg
女の子体高:55~60cm
体重:22~32kg

ジャーマンシェパードの体型は、体高よりも体長がやや長めで筋肉質な体つきをしています。屈強なイメージがあるかもしれませんが、大型犬の中ではやや小柄ですよ。

被毛はダブルコートで、滑らかで硬いまっすぐな上毛と密生したやわらかい下毛が特徴的です。

 

シェパードの仲間

シェパードと名のつく犬種は、世界中にたくさんいます。

「ホワイトシェパード」「オーストラリアンシェパード」「ベルジアンシェパード」などが有名ですね。

 

シェパードの種類については関連記事で紹介しています。

 

ジャーマンシェパードの性格について

ジャーマンシェパード

シェパードの性格は、「従順」「勇敢」「聡明」などです。

「怖い」「攻撃的」というイメージを持たれがちですが、しつけがされていればそんなことはなく穏やかで甘えん坊な一面もみせてくれますよ。

 

男の子と女の子の違い

性別でもシェパードの性格は大きく異なります。

極端な性格になることは稀ですが、男の子は荒々しく女の子は柔和な傾向があります。

 

訓練タイプとショータイプの違い

「訓練タイプ」は活発な子が多いですが、ショータイプはおっとりした子が多いですね。

ショータイプは飼い主以外には神経質になる一面もみられますよ。

 

ジャーマンシェパードの快適な飼育環境について

シェパ2 (2)

ジャーマンシェパードとの生活をより快適なものにするために、「サークル」「床剤」「トイレ用品」「食器類」「首輪やリード」「ケア用品」をまず揃えるようにします。

 

ジャーマンシェパードの食事について

食事量

普段与えているドッグフードの裏面に記載されている量をあげるようにします。

ただ、体重との換算表は、愛犬が「理想体型」であることを前提としているので、太っている子や痩せている子は量の調整が必要となります。

 

おすすめドッグフード

モグワンドッグフード

ジャーマンシェパードには「モグワン」がおすすめです。

愛犬にとって最も欠かせない「動物性タンパク質」が全体の50%以上を占めているので、良質な動物性タンパク質を効率よく摂取することができますよ。

香料や着色料が不使用なのも嬉しいですね。

\ キャンペーン実施中! /

最大20%OFF!

詳しくは、「モグワン公式サイト」をご確認ください。

 

 

ジャーマンシェパードのお手入れについて

ジャーマンシェパードとの生活をより良くするためには、日々のこまめなケアが欠かせません。

 

被毛ケア

毎日、換毛期であれば1日2回を目安に行います。

スリッカーブラシで余計なアンダーコートを取り除いた後にコームで仕上げるといいですよ。

 

シャンプー

1~2ヶ月に1回を目安に行います。

シャンプー前にブラッシングで余計な抜け毛を取り除いておくと、毛が絡みにくくなってシャンプーしやすくなりますよ。

シャンプーが終わった後は流し残しのないように、丁寧にすすぐことも忘れないでくださいね。

 

歯磨き

定期的な歯磨きは口腔疾患のケアに繋がります。

指に巻いたガーゼで歯の表面に付着した汚れをふき取るようにします。

 

爪切り

血管を傷つけないように、爪の先端から少しずつ切るようにします。万が一の時のために止血剤も用意しておくといいですよ。

 

耳掃除

耳掃除は、耳が汚れているタイミングで行います。

「耳垢が増えた」などいつもと違う様子であれば、病院で診察を受けるようにしてくださいね。

 

ジャーマンシェパードの運動について

豊富な運動量が必要なので、1日2回それぞれ60分ほどの散歩が欠かせません。

駆け足を取り入れた散歩や広い場所での自由運動、知的な訓練を取り入れてあげると肉体・精神的に満足させてあげることができますよ。

 

ジャーマンシェパードのしつけについて

ジャーマンシェパードのしつけに関しては、ドッグトレーナーなどの専門家に依頼することをおすすめします。

知能の高い犬なので、飼い主が自分より格下であると判断した場合、まったく指示を聞かなくなるからです。

自分の強さを誇示するために、飼い主や家族、ときには他人に危害を加えることもありますよ。

 

ジャーマンシェパードの寿命や病気について

寿命

ジャーマンシェパードの寿命は10~12年ほどで、大型犬としては平均的です。

「アトピー性皮膚炎」や「外耳炎」のほか、大型犬に多く見られる「股関節形成不全」、胃腸が弱いので「胃拡張」や「胃捻転」にも注意が必要です。

 

ジャーマンシェパードの迎え入れについて

迎え入れの方法

迎え入れる方法としては、「ブリーダー」「里親制度」の2つがあります。

それぞれにメリットや注意点があるので、自分に適した方法で迎え入れるようにしてくださいね。

 

迎え入れにかかる費用

ジャーマンシェパードの迎え入れにかかる費用は、およそ20万円です。

 

飼育に向く人

屋内で飼育するか屋外飼育するかについては様々な意見があるので一概には言えませんが、「十分なスキンシップを図れる」「運動に時間を割ける」人に向いています。

普段からスキンシップやコミュニケーションを密接にしておかないと、エネルギーを持て余し破壊・攻撃的になることもあるからです。

 

まとめ

この記事では、ジャーマンシェパードの飼い方について紹介しました。

すでに飼育している、これから飼育を考えている皆様のお役に立てる情報があれば幸いです。

 

↓犬種210種類まとめ記事を読む↓