トイプードルの毛玉、できやすい場所や対処法は?おすすめの商品は?

トイプードルの美しい被毛を維持するためには、日々の手入れが欠かせません。

できてしまった毛玉をそのままにしておくと、ひどい場合にはバリカンで刈り取らなければならなくなることもありますよ。

この記事ではトイプードルの毛玉について、できやすい場所や対処法についてまとめています。

 

トイプードルの毛玉、できやすい場所は?

トイプードル
トイプードルの毛玉ができやすい場所は、「脇の下」「耳裏の付け根」「内股」の3つです。

 

脇の下

トイプードルが動くたびに毛がこすれる場所なので、最も毛玉ができやすいです。

洋服を着せている場合はさらに毛玉ができやすくなるので小まめにお手入れしてあげてくださいね。

 

耳裏の付け根

後ろ足でよくかく部位なので、毛が絡みやすく毛玉ができやすいです。

また、ブラッシングを嫌がる子が多い部分でもあるので手入れが難しいです。

 

内股

脇の下と同じように、動くたびに毛がこすれるので毛玉ができやすいです。

背中や手足と比べるとブラッシングしづらく、手入れしにくい場所でもあります。

 

トイプードルに毛玉ができてしまった!対処法は?

トイプードル

スリッカーを使う

できたばかりの毛玉ならスリッカーを使えばきれいに取れます。

ポンポンと軽く叩くような感じで、ほぐしながら取るといいですよ。

力任せに取ろうとすると皮膚を痛めたり、ブラッシング嫌いになったりする原因になるので気をつけてくださいね。

 

毛玉を指でほぐす

毛玉が大きくなってしまったら、まず指先で塊をほぐすといいですよ。

ほぐすと毛玉のすきまにスリッカーのピンが入りやすくなるので、毛玉が取りやすくなります。

 

ブラッシングスプレー

ブラッシングスプレーには保湿に役立つオイルが配合されているので、毛玉が取りやすくなります。

静電気も発生しにくくなるので、乾燥しやすい冬場は特におすすめですよ。

 

スリッカーを使っても毛玉が取れない、どうすればいい?

トイプードル

スリッカーを使っても毛玉が取れない場合は、ハサミやバリカンを使うといいですよ。

 

ハサミを使う

すきバサミで毛玉の部分に1、2回ハサミを入れて、毛玉が細かくなったらスリッカーできれいに取り除きます。

毛量は減りますが、無理やり引っ張って毛玉を取るよりも負担が少ないですよ。

 

バリカンを使う

全身に毛玉がある場合は、バリカンで刈る必要があります。

フェルト状に固まってしまった毛玉は皮膚と一体化しているため、ハサミだと皮膚を切ってしまうリスクがあるからです。

 

トイプードルの毛玉におすすめの商品は?おすすめ1:Petaccスリッカーブラシ

フード画像余白編集.pptx (20)
商品名Petacc ペット用スリッカーブラシ
重さ112g
原材料ABS、TPR、ステンレス鋼

長毛、短毛など様々な毛の犬種に対応しています。

毛を除去しながら、円形の針先が血液の流れと毛の成長を促します。肌触り優しく、被毛を傷つけず、静電気が起きにくいです。

ステンレス製なので耐久性もあります。

 

トイプードルの毛玉におすすめの商品は?おすすめ2:プチリュバン マットブレーカー

フード画像余白編集.pptx (22)
商品名プチリュバン マットブレーカー
重さ約80g
原材料ステンレス製

マットブレーカーは簡単に使える、毛玉ほぐし用カッターです。

毛を切りすぎることなく、毛玉をほぐせます。ステンレス製なのでサビに強いうえ、長く使えます。

 

トイプードルの毛玉におすすめの商品は?おすすめ3:DELE 毛玉&ムダ毛取りコーム

フード画像余白編集.pptx (21)
商品名DELE 毛玉&ムダ毛取りコーム
原材料ステンレス製

この毛玉取りコームは、歯が内側外側ともに特殊加工されていて、直接肌に当たらず安全に使えます。9枚の逆刃で、毛玉を薄くして取りやすくしますよ。

 

トイプードルの毛玉におすすめの商品は?おすすめ4:A.P.D.C.グルーミングスプレー

フード画像余白編集.pptx (23)
商品名A.P.D.C. グルーミングスプレー 125ml
内容量125ml
原材料ティーツリーオイル、ユーカリオイル、ローズマリーオイル、シトロネラオイル、ラベンダーオイル、紫外線防止成分、ヘアコンディショニング成分、香料、保存料 など

保湿成分が含まれており、絡まりやすい毛をスムーズにブラッシングできるスプレーです。被毛がふんわり柔らかで、さらりとした感触に仕上がりますよ。

 

放置しないことが大事!

トイプードル 犬 素材

愛犬の毛玉を見つけたら、放置せずなるべく早めに取るようにしてください。

雨の日の散歩後は特に毛玉ができやすいので、小まめなケアを心がけるといいですよ。

自分で取れないときは無理をせず、ペットサロンに頼んでみてくださいね。

 

↓別のトイプードルの記事を読む↓