パグにおすすめなのはハーネス?首輪?リードはどう選ぶ?おすすめ商品は?

愛犬との散歩は、雨も苦にならないほど楽しいですよね。

しかし、正しい散歩グッズを選んであげないと思わぬ事故につながることもありますよ。

この記事では、ハーネスと首輪の違い、それぞれの特徴、おすすめの商品についてまとめました。

 

パグに向いているのは、ハーネス?首輪?

パグ 犬 素材

個体差があるため一概にはいえませんが、喉の締め付けが少ない「ハーネス」をおすすめします。

短頭種であるパグは、鼻から喉にかけての気道が狭くなっているからです。

引っ張り癖などがある子の場合、首輪だとさらに呼吸がしづらくなってしまうのです。

 

パグにおすすめのハーネス5選

おすすめのハーネス

  • PUPPIA(パピア) ソフトベストハーネス
  • Julius-K9(ユリウスケーナイン)IDCパワーハーネス
  • Pettom ソフトハーネス
  • cocomall 犬用ハーネス
  • Petacc 犬用ハーネス

 

パグにおすすめのハーネス1:PUPPIA(パピア) ソフトベストハーネス

フード画像余白編集.pptx (30)
商品名PUPPIA(パピア) ソフトベストハーネス
原材料ポリエステル
サイズ展開XS、S、M、L 、XL 、XXL

通気性に優れるメッシュ素材のハーネスです。

内側のフィラーは柔らかい仕上りになっているので、愛犬の肌にも優しいのが嬉しいですね。カラーやサイズも豊富ですよ。

 

パグにおすすめのハーネス2:Julius-K9(ユリウスケーナイン)IDCパワーハーネス

フード画像余白編集.pptx (31)
商品名Julius-K9(ユリウスケーナイン)IDCパワーハーネス
原材料ネオプレン
重さ150g

世界30ヶ国以上で愛され続けている機能性抜群のハーネスです。

警察犬や救助犬の犬具を作っているメーカーから発売されており、耐久性は抜群。長く使えますよ。

 

パグにおすすめのハーネス3:Pettom ソフトハーネス

フード画像余白編集.pptx (32)
商品名Pettom ソフトハーネス
原材料ナイロン

ふわふわな着け心地で束縛感の少ないタイプのハーネスです。

首部分と胴部分の両サイドにバックルがついているので着脱が楽で、足を上げなくても着けられますよ。

愛犬を落ちあげるためのハンドル部分もついているので、力強く引っ張る子や、足腰が弱ってきている老犬におすすめです。

 

パグにおすすめのハーネス4:The Little Dog Star ソフトメッシュ ハーネス

フード画像余白編集.pptx
商品名The Little Dog Star ソフトメッシュ ハーネス
サイズ展開XXXS、XXS、XS、S、M、L、XL

軽量でしっかりとした厚手の生地にソフトメッシュ素材なので、愛犬へ負担を与えづらいハーネスです。

肩部分には反射材がついており、夜間でも安全な散歩が可能です。洗濯もできるので衛生的ですよ。

 

パグにおすすめのハーネス5:Homein 犬用ハーネス 小型犬用

フード画像余白編集.pptx (3)
商品名Homein 犬用ハーネス 小型犬用
サイズ展開S胴回り:43-56cm
M 胴回り:57-68cm
L 胴回り:69-81cm
XL 胴回り:82-97cm

通気性とフィット感を兼ね備えたハーネスです。

簡単に着脱できるバックルが付いているので、ハーネスに不慣れな子にもストレスを与えにくい構造になっていますよ。

ベルト部分は4か所で長さを調節できるため、愛犬に合わせて調整できるのが嬉しいですね。

 

ハーネスと首輪、それぞれのメリットや注意点は?

パグ 犬 素材

ハーネスは荷物を牽引する道具として開発されたもので、首から胴回りにかけて装着するタイプの胴輪です。

首輪は、首に装着するベルトタイプの散歩グッズですよ。

 

ハーネス

メリット

力が胸や肩に分散されるので、のどを締め付けることなく、楽に呼吸ができます。

短頭種や高齢犬、ヘルニアなどの疾患がある犬にも負担が少なく、楽しんで散歩してくれるようになりますよ。

ファッションアイテムとしておしゃれなデザインがたくさんあって愛犬に合ったハーネスを選ぶ楽しさもありますね。

 

注意点

首輪と違い、飼い主さんのリードを引っ張る力が分散されてしまうので、しつけには向いていません。

お散歩中などに愛犬が興奮してしまったときなどは、思わぬ事故につながることがあります。

 

首輪

メリット

首に巻くだけなので脱着しやすく、飼い主さんの意思も伝えやすいです。

首輪に迷子札をつけておくことができるので、万が一愛犬がいなくなったとしても連絡してもらえますよ。

 

注意点

首輪は首を締め付けるのでパグのような短頭種は呼吸しづらく、お散歩のときに体に負担がかかります。

パグは頭周りと首回りに太さの差があまりないので、少し引っ張った時にスポッと抜けてしまうことがあります。

 

パグのハーネス、どう選べばいい?

パグ

胸から肩、胴体の3点で留めるウェアタイプのハーネスがおすすめです。

ウエアタイプはフィット感が良いので愛犬が嫌がりにくいですし、ファッション性にも優れていますよ。

 

リードの選び方は?

パグ 甘える

パグのようにがっしりした体型で力強い犬種には、伸縮しないタイプのリードがおすすめです。

収縮するリードは飼い主さんの負担は少ないですが、犬のとっさの行動に対応できず思わぬ事故につながる可能性があるからです。

 

適切なハーネス選びで楽しいお散歩ライフを。

パグ 犬 素材

ちょいブサな見た目と、短頭種であるということから散歩が苦手だと思われがちなパグ。

実際はそんなことはなく、飼い主さんや他の犬と遊ぶことが大好きです。

愛犬に合ったハーネスやリードを選んで、散歩に出かけてみてくださいね。

 

↓別のパグの記事を読む↓