犬の基本しつけ1「おすわり」のやり方、コツをわかりやすく解説!

日本メンタルドッグコーチ協会代表理事。ドッグテックインターナショナル(シドニー)ドッグトレーニングアカデミー修了。書籍26冊、「愛犬の友」連載、「WAN」他取材多数。TBS、BSフジ、BS朝日、J-WAVE、Tokyo Fm、Fm yokohama他出演。

どんな愛犬にも教えておきたい基本しつけは全部で5つあります。「おすわり」「おいで」「まて」「ハウス」「トイレ」の5つです。

愛犬の身を危険から守るために、他人に迷惑をかけないために、飼い主さんと愛犬の清潔な生活空間を守るために、どれも最低限必要なしつけです。

この記事では「おすわり」のしつけについて、その大切さと愛犬に教えるときの具体的な方法について解説しています。

 

愛犬に「おすわり」を教える理由

おすわりのしつけは、基本しつけ3「待て」をしつけるために必要です。

「待て」は一定時間じっとしていてもらう指示のことです。愛犬の身を危険から守るとき、散歩ですれ違った他人に迷惑をかけそうなときなどいざというときに愛犬を制御するために必要なしつけですよ。

 

愛犬におすわりを教えるときのポイント

気をつけたいポイント

  • 最初は集中できる場所で行う
  • 気を引けるものを使う
  • お尻を押さない

愛犬のしつけは愛犬のキモチを尊重したやり方を心がけます。おすわりをしつける際には具体的に以下3つのことを意識して行ってください。

 

最初は集中できる場所で行う

愛犬が集中して「おすわり」のトレーニングに臨める環境を用意します。

他の人や気になるおもちゃが無い、他に誘惑がないような場所で行うといいですよ。

 

気を引けるものを使う

愛犬が好きなおやつを手のなかに隠し持って、気を引きながら行うようにします。

お肉やドッグフード、チーズなど、その子によって好みは異なるので、愛犬の好みを把握しておくことが重要です。

 

お尻を押さない

愛犬のお尻を下側に押すようにして、無理やり座らせる方法はおすすめしません。

しつけの時間が「嫌なことをされる時間」になってしまいますし、いつになっても「おすわり=自分でお尻を床につけること」だと覚えることができないからです。

 

愛犬におすわりを教えるわかりやすい動画を紹介

メンタルドッグコーチ中西典子さんのYouTube動画がわかりやすくておすすめです。

以下の見出しではこの動画で紹介している手順を端的に文章で説明しています。

 

愛犬におすわりを教える手順1:おやつを握る

愛犬の好きなおやつを握ったグーを愛犬の鼻先に近づけ、手の中に大好きなおやつがあることに気が付かせます。

目で手を追うように注目してくれたら成功です。

 

愛犬におすわりを教える手順2:お尻を地面につけてもらう

愛犬の目の前に立って、おやつを握った手を愛犬の真上にかざします。

おやつが欲しくて上を向き続け、疲れてお尻を床につけたときに「ヨシ」などの言葉をかけてください。

 

愛犬におすわりを教える手順3:おやつをあげる

手順2ができるようになったら、愛犬のお尻が床についている(おすわりしている)時に、手に握っているおやつをあげるようにします。

「ありがとう」の気持ちを伝えながらおやつをあげることも大切です。

 

愛犬におすわりを教える手順4:「おすわり」の声がけ

おやつを握ったグーで誘導して、お尻を地面に着けることに慣れてきたら、「おすわり」という言葉をかけていきます。

まずはお尻が床に着いた瞬間に「おすわり」と声がけします。「おすわり=床にお尻をつけること」だと愛犬が覚えてくれるまで、何度も繰り返してください。

 

愛犬が理解してきたと感じられたら、立っている状態のときに「おすわり」と声かけてみて、座ってくれたらしつけ成功です。わかっていなようだったら、お尻が着いた瞬間に「おすわり」という練習に戻って、何度も練習してください。

 

特にじっとしていられない子におすすめの方法は?

「おすわり」を教えたいのに、動き回ってしまって思うようにいかない場合は、使っているおやつが気を引けるほど魅力的ではない可能性があるので、まずおやつを見直してみてください。

また、なかなかお尻を床に着けてくれず立ち上がってしまう場合には、鼻先におやつを握ったグーをくっつけて、少し犬側に押すように動かすとお尻を着けてくれます。

グーの高さは、その子が座った時の高さをキープすることがポイントです。

 

しつけが愛犬にとって不快な時間になってしまうことは避けてくださいね。

 

まとめ

早く覚えて欲しいという気持ちが強くなってしまうと、飼い主さんにあせりが生じてイライラしてしまうこともあるようです。そうなるとしつけが楽しくなくなってしまうので、広い心をもってじっくり時間をかけて楽しむ気持ちで向き合ってあげてください。

 

↓次の基本しつけ2「おいで」を確認する↓

 

この記事の監修者

氏名中西典子
職業日本メンタルドッグコーチ協会代表理事
経歴ドッグテックインターナショナル(シドニー)ドッグトレーニングアカデミー修了。書籍26冊、「愛犬の友」連載、「WAN」他取材多数。TBS、BSフジ、BS朝日、J-WAVE、Tokyo Fm、Fm yokohama他出演。
公式HPhttps://www.doggylabo.com/

 

おすすめ書籍1:犬とのよりそイズム

 

おすすめ書籍2:やってはいけない愛犬のしつけ