犬のよだれ、症状と原因を解説!考えられる病気と対処法は?

犬のよだれには、体温調節や口中を清潔に保つ、消化を助けるなど働きがあります。

愛犬が舌を出している姿は可愛らしいですが、よだれの状態によっては病気を患っている可能性もあるので楽観視しないことが大切ですよ。

この記事では、犬のよだれの症状や原因、考えられる病気と対処法についてまとめました。

 

犬のよだれ、どんな症状?

犬 素材

犬は人間と違って汗腺が少ないため、舌を出すことで体温や水分調節をしています。

食べ物を見てよだれが垂れている場合などは自律神経が働いている証拠なので問題ないですが、「泡を吹いたようなよだれ」「血が混じっている」「臭いがきつい」「量が多い」ときは病気の可能性が高いため注意が必要です。

 

犬のよだれ、原因は?

犬 素材

よだれの原因

  • 咽頭炎
  • 胃捻転
  • 熱中症

普段と比べて、よだれの量が多い、異臭がする、泡が出ている、血が混ざっている場合は「咽頭炎」「胃捻転」「熱中症」などを患っている可能性があります。

 

原因1:咽頭炎

咽頭炎は、喉が炎症を起こしている状態です。

タバコの煙や車の排ガスなどの有毒物質の吸引や誤飲による傷で発症し、「喉やリンパの腫れ」のほか「呼吸障害」や「大量のよだれ」などの症状がみられます。

 

原因2:胃捻転

餌の早食いや水の一気飲み、食事直後の運動などによって胃捻転を発症すると、「大量のよだれ」「落ち着きがなくなりウロウロする」などの症状がみられます。

 

原因3:熱中症

熱中症とは、蒸し暑い室内や気温が高いときの散歩などによって体温が上がり、体温調節機能が働かなくなってしまう病気です。

急激な体温の上昇によって「あえぎ呼吸(パンティング)」「よだれ」などの症状がみられます。酷い場合には「呼吸困難」や「吐血」をおこすこともありますよ。

 

犬のよだれ、発症しやすい犬種はいる?

犬 素材

「大型犬」や体温調節を行う呼吸がスムーズにできない「短頭種」は、体の構造上よだれが出やすい犬種だといえます。しかし、よだれ関連の病気になりやすいわけではないので、安心してくださいね。

 

短頭種

シーズー、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、ボストン・テリア、ボクサーなど

 

大型犬

ニューファンドランドやセントバーナード、マスティフ、ブルドッグ、ブラッドハウンドなど

 

犬のよだれ、発症してしまった場合の対処は?

犬 素材

咽頭炎

咽頭炎は他の疾患に付随して起こる症状のため、咽頭炎の原因になっている基礎疾患の治療をまず行います。

その後、「のどの異物の除去」「ネブライザーを用いた薬剤の吸引」などで治療します。

 

胃捻転

胃捻転は緊急性の高い病気なので、すぐに動物病院へ連れて行かなければなりません。

早食いや一気飲み、食事直後の運動が原因になることが多いので、食生活やライフスタイルを見直すことが大切です。食事の量を変えず回数を増やす、食後の運動を避けるなどの工夫をしてあげてください。

 

熱中症

病院へ連れて行くことが最優先ですが、応急処置として体を冷やすことも大切です。

冷やしすぎないように注意しながら、保冷剤や氷を首や四肢の付け根に当てて体温を下げるようにしてください。水分補給も大事なので、スポーツ飲料を倍に薄めて与えることもおすすめです。

 

犬のよだれ、どんな検査が必要?

犬 素材

検査

  • 肉眼観察
  • レントゲン検査
  • 内視鏡検査

 

検査1:肉眼観察

肉眼でよだれの状態を見ます。泡を吹いたようなよだれじゃないか、血が混ざっていないか、臭いがきついか、よだれの量が多すぎないかなどの点を確認します。

他の症状を考慮したうえでどんな病気にかかっているかを診断します。

 

検査2:レントゲン検査

レントゲン写真を撮り、のどに傷がないかを確認します。

 

検査3:内視鏡検査

内視鏡を鼻や口から入れて、喉や胃の状態を観察します。

喉が傷つき炎症を起こしていれば咽頭炎、胃がねじれていれば胃捻転、胃が膨らんでいれば胃拡張など、体内の様子から病気を判断します。

 

犬のよだれ、対策するには?

犬 素材

よだれは健康な犬でも出るため、対策することは不可能です。

しかし、大量のよだれが出ている場合は病気の可能性があるので、原因を突き止めて対策してあげる必要がありますよ。

誤飲で喉が傷つかないように危険なものを遠ざける、熱中症にならないように散歩に行く時間帯を変更する、早食い・早飲みしないように餌の出し方に注意するなど飼い主さんが出来る範囲で気をつけてあげることが大切です。

 

犬のよだれ対策・治療にサプリメントはおすすめ?

犬 素材

犬のよだれ対策・治療に良いとされるサプリメントは、残念ながらありません。

ただ、病気にかかっていることで出るよだれもありますよ。

 

犬のよだれやけにおすすめな商品1. さよなら 涙やけくん

フード画像余白編集.pptx (30)

基本情報

商品名さよなら涙やけくん
原材料米ぬか、米麦芽、麹菌
内容量30g
税込価格3,167円
形状粉末

 

成分値(100gあたり)

タンパク質17.3g
脂質23.1g
ナトリウム75mg
10.5mg
カルシウム60.4mg
エネルギー約385g

 

おすすめポイント

さよなら涙やけくんは、酵素の力で涙やよだれをサラサラにしてよだれやけに対応する商品です。

無添加・有機栽培の原料で製造されているので、安心して与えられます。ふりかけタイプなので、毎日手軽に摂取することが出来ますよ。

 

おかしいと思ったら病院へ!

犬 素材

犬がよだれを出すことは珍しいことではありませんが、背後に大病が隠れている場合も少なくないです。

たかが「よだれ」と軽く考えるのではなく、おかしいなと感じたら病院へ行き診察をうけることが大切ですよ。