アレルギー対応のおすすめドッグフード!涙やけには?アレルゲン別に解説!

われわれ人間と同じように、犬もアレルギーを発症することをご存知でしょうか?

主原料に使われる肉類以外に、添加物でアレルギーを発症してしまう犬が増加しています。そのため、この記事で紹介しているフードは「無添加」にこだわってご紹介していますよ。

 

涙やけや穀物アレルギー、牛肉・鶏肉アレルギーの原因は?

犬 かわいい 素材

涙やけの原因は?

涙やけの主な原因は「鼻涙管が詰まっている」「食物アレルギーによる涙の過剰分泌」「ドッグフードの選び方が悪い」の3つです。

「人工の保存料・着色料・香料などの消化されなかった添加物」が、鼻涙管を詰まらせたり涙の過剰分泌を招く原因になるので、無添加で愛犬にあったドッグフードに変更することで対策できることもあります。

 

穀物アレルギーの原因は?

犬は肉食動物なので、穀物に含まれる「植物性タンパク質」を消化するアミラーゼという酵素を持っていません。穀類※1を食べ続けることで体に蓄積され、アレルギーを発症してしまうのです。

アレルギーを発症すると、「体をかゆがる」「フケが出る」「抜け毛が増える」「下痢、嘔吐」「目の周り、顔や耳の内側、口周り、股の内側などが赤くなる」「足の裏や指の間など、執拗に舐めたり噛んだりする」などの症状が見られます。

価格は高くなってしまいますが、穀物を使用していない良質なフードに変更することをおすすめします。アレルギーになってしまった時の治療費や愛犬の苦しみに比べれば安い買い物ですよ。

※1 多くのドッグフードに含まれている小麦・大麦・トウモロコシなど

 

牛肉・鶏肉アレルギーの原因は?

犬にとって最も欠かせない栄養素は、動物性タンパク質です。

牛肉や鶏肉は動物性タンパク質が豊富に含まれているのでドッグフードの主原料に使われることが多いですが、アレルギー反応を示す犬も少なくないです。

もし、牛肉や鶏肉でアレルギーが出てしまうのであれば、哺乳類肉の中でも比較的アレルギーを起こしにくい「ラム肉」や「魚肉」を主原料にしているフードを選んでみてください。

 

アレルギー対策に役立つフード

プリスクリプション・ダイエット™ 〈犬用〉 d/d™ ディーディーは、愛犬の食物アレルギー&皮膚をサポートする特別療法食です。

タンパク源には食物アレルギーを引き起こしにくい新奇動物性タンパク質を採用、健康な皮膚の維持をサポートしてくれるオメガ‐3脂肪酸も高レベルで配合していますよ。

この製品は療法食なので、必ず獣医師の指示に従って与えるようにしてください。

 

食物アレルギーは、原因別にフードを慎重に選ぶことが大切!

犬 かわいい 素材

食物アレルギーと一概に言っても、発症する原因となる食材は様々です。

愛犬がアレルギーを発症してしまった場合は、まず原因となっている食材をしっかりと見極めた上で、その食材が含まれていない、またはあまり含まれていないフードを選択するようにしてくださいね。

ただ、動物性タンパク質は犬にとって最も欠かせない栄養素なので、アレルギーが発現しにくい原材料のフードに切り替えることをおすすめします。