フレンチブルドッグの飼い方まとめ!毎日のケアや散歩の注意点は?

フレンチブルドッグはがっちりとした体つきで、コウモリの様な耳とスクエア形の少し大きな頭部が特徴的です。用心深いながらも好奇心旺盛で、人懐っこく愛嬌がある明るい性格をしていますよ。

この記事では、フレンチブルドッグの毎日のケアや散歩での注意点などをまとめました。

 

フレンチブルドッグの日々のお手入れはどうする?

フレンチブルドック

フレンチブルドッグは、毎日のお手入れが大切です。

ブラッシングはもちろん、定期的なシャンプー、爪切り、肛門腺しぼり、耳掃除、目の手入れ、歯磨き、シワの手入れなどが必要です。日頃から、よく観察する事で病気の早期発見につながりますよ。

 

ブラッシング

フレンチブルドッグは短毛種ですが、ブラッシングは毎日5分程度、行ってあげてください。

ラバーブラシで優しくブラッシングしてあげると、皮膚についた汚れの除去や血行を促進してあげられますよ。

 

抜け毛

フレンチブルドッグは抜け毛が多い犬種です。

抜け毛が絡まってしまうと、皮膚トラブルの原因になってしまうことがあるので、毎日軽くブラッシングしてあげてください。

 

シャンプー

シャンプーは2週間~1ヶ月に1回のペースで行います。

水が苦手な子が多いので、びっくりさせないようにお尻から流します。顔を洗うときは目や耳、鼻に水が入らないようにします。お湯は少しぬるいくらいが適温ですよ。

シャンプーやリンスのすすぎ残しや被毛の生乾きは皮膚病の原因になるので、シャンプー後はしっかり水洗いをし、タオルドライとドライヤーでよく乾かしてくださいね。

 

爪切り

爪切りも定期的に行ってあげてくださいね。犬の爪は硬いので犬用のギロチンタイプ爪切りがおすすめです。血管を切ってしまったときのために止血剤を用意しておくと安心ですよ。

足先は触られるのが苦手な子が多いです。無理をせずペットサロンや動物病院でしてもらうのも良いですね。

 

肛門しぼり

肛門腺はおしり周りの4時と6時の位置にあります。ガーゼで下から持ち上げて、絞り出すように動かします。上手くできると、中から臭いのある液体が出てきます。

お尻を床にこすりつける動きをする時は、溜まっている場合が多いですね。

 

耳掃除

垂れ耳の犬種ほどではありませんが、耳掃除が必要です。イヤーローションを使用して、中の汚れを取り除いてあげてくださいね。コットンのような柔らかいもので、表面に溜まった汚れを拭き取ります。

 

目の手入れ

目ヤニや涙やけが多い子は、定期的にコットンで拭き取ってあげてください。汚れたままや濡れたままで放置すると、皮膚が黒ずんだり皮膚病の原因となります。

 

歯磨き

歯磨きは人と同じく、毎日行います。歯ブラシや歯磨き用ガーゼを使用し、1本1本丁寧に磨いてあげてくださいね。

口を触られるのが苦手な子が多いので、根気よく慣れさせてあげる事が大切です。

 

シワの手入れ

フレンチブルドッグは皮膚のたるみにより、鼻周りにシワができてしまいます。この部分は汚れが溜まりやすく、手入れを怠ると皮膚病の原因になることがあります。

濡れタオルでシワを伸ばしながら拭きとり、清潔に保ってあげてくださいね。

 

フレンチブルドッグは、いびきをかく?

フレンチブルドック

フレンチブルドッグの気道は短く、また鼻が潰れているのでいびきをかきやすいです。

あまりにもいびきがうるさい場合や途中で息が止まったような症状がみられる場合には注意が必要ですが、基本的には生まれつきのものですよ。

病気の場合は、手術により鼻の穴を広げる事で治療します。

 

フレンチブルドッグ、よだれは?室内飼いできる?

フレンチブルドック_かゆい

犬のよだれは「体温調節」の機能をもちます。犬は、汗をかくことで体温調節することができない動物なので、よだれ代わりにでます。

よくよだれを垂らす犬種としては「セントバーナード」や「ブルドッグ」が有名ですが、フレンチブルドッグもよだれをよく垂らす犬種ですよ。

よだれが多いといえどフレンチブルドッグを室外で飼育することはできませんので、室内で飼育しつつよだれの対策をすることが大切です。

 

フレンチブルドッグの散歩、注意点は?

フレンチブルドック

フレンチブルドッグの散歩の際には、いくつか注意する点があります。頻度や時間、季節により散歩の行い方を変えてあげてくださいね。

頻度・時間

フレンチブルドッグは、それほど多くの運動量を必要とする犬種ではありません。

幼齢犬では1日1回10分程度で、外の環境に慣れさせる程度に行うので十分です。成犬では、1日2回30分程度の散歩を行います。

広場で自由に動き回ることがストレス解消になりますよ。

 

やりすぎはダメ

フレンチブルドッグは短頭種といって、鼻が短く呼吸器が短いのが特徴です。そのため体温調節がしにくく、呼吸困難になる可能性が高い犬種なのです。

暑い時期や温暖地方では、呼吸困難による熱中症が起こる場合もあります。

 

春夏・秋冬での散歩の時間帯

春夏はアスファルトが熱くなるので、昼間の散歩は避けるのが良いですよ。足の裏を火傷してしまうことがあるからです。日が昇る早朝や夕暮れ時に行うようにしてくださいね。

秋冬の散歩は、日中の暖かい時間帯に行うのがおすすめです。短毛種であるため、冬の早朝や夜の寒さは少し苦手です。

 

体重管理には気をつけて!

フレンチブルドック

フレンチブルドッグは、他の犬種に比べ肥満になりやすい体質をしています。

散歩の時間にも注意が必要で、熱中症にならないように夏は朝早くか夜の涼しい時間帯にしか散歩ができません。夏のコンクリートでの散歩もオススメできません。

手のかかる犬種ですが、憎めない性格をしているのがフレンチブルドッグなのです。一人暮らしでなかったり、仕事に余裕があったりする手間をかけられる飼い主にオススメの犬種といえますよ。

↓別のフレンチブルドッグの記事を読む↓