ゴールデンレトリーバーの歴史まとめ!起源?狩猟犬?

ゴールデンレトリーバーは大型犬の中でも人気な犬種で、大変賢くフレンドリーな性格です。たくさん動いて遊ぶことが大好きで、昔は鳥猟犬として活躍していました。

この記事ではそんなゴールデンレトリーバーの歴史についてまとめました。

 

ゴールデンレトリーバーの起源は?

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリーバーの正確な起源は分かっていませんが、生まれはイギリスとされています。

一説では、黄色の毛色を持つウェービーコーテッドレトリーバーとセターをかけ合わせた犬が祖先で、さらにニューファンドランドやアイリッシュセターと交配させたのではないかと考えられています。

また他の説では、前述と同じくウェービーコーテッドレトリーバーとセターなどをかけ合わせた犬を祖先とした上で、トゥイードマウス卿が1865年に購入したウェービーコーテッドレトリーバーから生まれた黄色の子犬が、ゴールデンレトリーバーの始祖となったといわれています。

出典:JKC「ゴールデン・レトリーバー」
出典:若山正之監修「まるごとわかる犬種大図鑑」

 

ゴールデンレトリーバーの研究を進めたのは誰?

素材

ゴールデンレトリーバーは、トゥイードマウス卿により誕生したとされています。

1800年代終わり頃、鳥を回収する犬であるレトリーバーは、ブラックであるべきという風潮がありました。トゥイードマウス卿はウェービーコーテッドレトリーバーの中でも黄色の毛を持つ個体をブリーディング計画に取り入れて、当時狩猟犬として活躍していたツィードウォータースパニエルという、茶色で巻き毛の犬と交配させることでゴールデンレトリーバーの基礎を作りました。

ゴールデンレトリーバーは、1913年にイギリスの公認犬種となっています。公認以降でも呼称に揺れがあり、イエローレトリーバーまたはゴールデンレトリーバーと呼ばれていましたが、1920年にゴールデンレトリーバーに統一されました。

出典:JKC「ゴールデン・レトリーバー」

 

ゴールデンレトリーバーは運動するのが大好き

ゴールデンレトリバー

世界的にも人気が高いゴールデンレトリーバーは、フレンドリーで活発な犬種です。大型犬ですが人のそばで生活してきた歴史から、室内飼育が推奨されている犬種でもあります。

鳥狩猟の背景から誕生したことを考えると、たくさん運動をさせて遊んであげたくってしまいます。

 

ゴールデンレトリーバーのブリーダーさんをお探しの方へ

ゴールデンレトリバー

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のゴールデンレトリーバーのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のゴールデンレトリーバーの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。ゴールデンレトリーバーは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在ゴールデンレトリーバーの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。