【認知症】猫のサプリメント、作用やおすすめは?

猫の認知症は、11~14歳ごろになると初期症状が出るとされますが、18歳を過ぎると目立って症状が出てきますよ。徘徊や夜鳴き、今まではできていた行動ができなくなるなど、飼い主さんは戸惑うことが多くなりますよね。

今回の記事では、猫の認知症に役立つサプリメントについて役割やおすすめをまとめました。

猫の認知症はサプリメントでどうケアする?

猫

猫の認知症は完治しない病気とされており、飼い主さんがよく気になるのは「認知症対策」と「初期の認知症の治療」ですね。

抗酸化作用を強化した食事・サプリメント・医薬品を、症状の進行に合わせて用いることが認知症治療として期待されています。

認知症は症状がゆっくり進行していく病気で、治療の目的は症状を遅らせることとなります。初期や中期の段階では食餌療法とサプリメント、さらに進行すると医薬品も使われます。

このことからも、サプリメントを利用するなら、食餌療法も併せて行うことをおすすめします。

 

猫の認知症に役立つサプリメント、成分は?

素材 ケルプ

認知症に役立つ成分

  • α-リノレン酸
  • DHA
  • EPA

α-リノレン酸

α-リノレン酸(ALA)は「オメガ3脂肪酸」です。オメガ3脂肪酸は、体内で作ることができないので、食べ物から摂取する必要がありますね。

α-リノレン酸は体内で「DHA」や「EPA」に変化して、老化によっておとろえた脳細胞に刺激を与え、活発にします。このため脳の栄養素とも呼ばれますよ。

 

DHA

DHAはドコサヘキサエン酸とも呼ばれるオメガ3脂肪酸です。

認知症に対してDHAは主に2つの役割が期待できます。1つ目は、「悪玉コレステロールを減らす作用」で脳梗塞の対策になります。2つ目は、加齢とともに減少した「脳細胞を元気にする」役割です。

加齢とともに減った脳細胞が増えることはありません。それでも残った脳細胞は、DHAを日常的に摂取することで若々しくなり、脳の老化を遅らせることができますよ。

 

EPA

EPAはエイコサペンタエン酸とも呼ばれるオメガ3脂肪酸です。

EPAは「血液を固まりにくくする作用」があるので、脳に血栓ができにくくします。脳に血の塊である血栓ができると、認知症の原因となる脳卒中(脳梗塞・脳出血)が起きてしまいます。また、血液の流れがスムーズになるとたくさんの血液が送られて脳は活発になりますよ。

 

猫の認知症、おすすめのサプリメントは?

Sweet Animal Pet Cat

毎日一緒 DHA&EPA

基本情報

サプリ名毎日一緒 DHA&EPA
原材料ビール酵母(大豆を含む)、かつお節粉末、還元麦芽糖水飴、DHA含有精製魚油、デキストリン、イチョウ葉エキス末、たん白加水分解物(乳成分を含む)、亜麻仁油含有パウダー(大豆を含む)、ビタミンE含有植物/セルロース、ソルビトール、トレハロース、HPC、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、酸化防止剤(フェルラ酸)、ビタミンB123
内容量18g(300mg×60粒)
税込価格通常購入:2,827円
毎月定期コース   :初回特別価格998円(65%off)、2回目以降2,544円(10%off)
2ヶ月ごと定期コース:初回特別価格1,996円(65%off)、2回目以降4,808円(15%off)
3ヶ月ごと定期コース:初回特別価格2,994円(65%off)、2回目以降6,786円(20%off)
形状錠剤
2粒あたりの配合量
DHA・EPA5mg
フェルラ酸3mg
亜麻仁油パウダー2.04mg
イチョウ葉エキス5.04mg
ビタミンE0.63mg
ビタミンB120.24μg

 

バイタルワン

バイタルワン

基本情報

サプリ名バイタルワン
原材料DHA・EPA、ヤマブシタケ、ローヤルゼリー、ブドウ糖
内容量60g(2g×30包)
税込価格4,878円

 

認知症は対策と早期発見がカギ

素材

認知症は症状が進行すると治療が難しくなる病気です。少しでも異変を感じたら獣医師さんに診断してもらうことがおすすめですよ。対策や進行を遅らせるのには、キャットフードやサプリメントにも期待できます。早めに手を打っておくのが有効な手段ですよ。

 

ペットサプリメントについて、pepy編集部が考える「知っておくべきこと」と正しく選ぶために大切な「5つの基準」はこちらの記事にまとめています。