トゲバンディクートはどこに住んでるの?動物園で会える?餌は?

トゲバンディクートは、バンディクート目バンディクート科に分類される陸生の有袋類(ゆうたいるい)です。

鼻は他のバンディクート同様に細長く、赤茶色の粗い毛に、黄色や黒のとげ状の毛が混ざっています。耳は小さく丸い形で、尾にはほとんど毛がありません。体重600~2,000gとサイズは個体差が大きいですね。

この記事では、トゲバンディクートの生息地や会うことのできる動物園餌などについてまとめました。

 

トゲバンディクートはどこに住んでいる?分布は?

素材
分布域インドネシア
パプワニューギニア
生息域森の中
湿地
プランテーション

トゲバンディクートは、インドネシアとパプワニューギニアに住んでいます。ニューギニア島をはじめ、パプワニューギニアのビスマルク諸島、インドネシア東部のモルッカ諸島やヤーペン島といった周辺の島にも広く分布しています。

海抜2,000m以下の低地や低山地に生息しています、基本的には森の中にいますが、湿地やコーヒーのプランテーションなどでも見られますよ。

 

トゲバンディクートは動物園で会える?

素材

残念ながらトゲバンディクートに会える動物園は国内にはありません。そのため日本ではあまり知られておらず、バンディクートについての情報も多くないのが現状です。

海外でもトゲバンディクートを展示する動物園は無いようです。バンディクートは珍しい動物で、動物園などでの飼育には向かないのかもしれません。

ニューギニアなど生息地周辺では、野生のトゲバンディクートを見つけることもできるのではないでしょうか。

 

トゲバンディクートの餌は?何を食べる?

素材

  • 昆虫
  • 無脊椎動物
  • 果実類

トゲバンディクートは雑食性です。昆虫類の幼虫、ミミズ、カタツムリやナメクジといった無脊椎動物、バナナやパパイヤをはじめとする果実を食べます。

夜行性のため食餌は夜間に行い、森や林の中の地面を走り回ってエサを探していますよ。木には登らないため、フルーツは熟して地面に落ちたものを食べますよ。

 

天敵はネコ科動物?

トラ4

トゲバンディクートは、レッドリストの軽度懸念(LC)に指定されているものの、現在のところ差し迫った危機はないようです。地元では狩猟を行われることがありますが、それよりも野生のネコ科動物による捕食の方が懸念されるほどです。

とはいえ、世界的に見ると非常に限定された地域にしかおらず、バンディクート目の仲間にはすでに絶滅してしまった種もいます。慎重に見守っていくべきかもしれませんね。