コーギー(ウェルシュコーギーペンブローク)の子犬を迎え入れ、費用や里親、ブリーダーは?

短い足にプリッとしたお尻が特徴的なコーギー。

「フリスビー犬」としても有名で、犬と一緒に駆けまわって遊びたい人にはぴったりの犬種ですよ。

この記事ではコーギーを迎え入れる時のポイントをペットショップ、ブリーダー、里親制度それぞれまとめました。

 

コーギーの迎え入れにかかる費用

コーギーの迎え入れ費用は、およそ15万円です。

ペットタイプと比べるとショータイプの方が高く、20万円を超えることもありますよ。

 

コーギーをペットショップから迎え入れる

コーギー (2)

メリット

動物に関する知識が豊富な店員さんが多いので、些細なことでも相談しやすいです。

自分の目や手で直接確認できますし、ブリーダーや里親制度経由の方法と比べると手軽に利用することもできますよ。

 

注意点

十分な社会性が身についていない子や、仕入先があやふやな子が販売されていることがあります。

仕入れルートの間で中間業者が入るので、迎え入れ費用が高くなりやすいです。

 

コーギーを里親制度で迎え入れる

犬 コーギー 素材

里親制度はインターネットや保健所、譲渡会などを介して迎え入れる方法です。

 

メリット

最大のメリットは、無料(去勢・避妊手術費用や輸送費を請求されることがある)で迎え入れられるということです。

 

注意点

前の飼い主さんの元で虐待を受けていた子や、劣悪な環境で生活していた子など心に傷を負っている子も少なくないです。

そのため警戒心が強く、心を開いてくれるまでにかなり時間がかかる可能性があります。

フィーリングが合うかを確かめられるトライアル期間を設けている里親募集サイトもあるので、確認してみてくださいね。

 

コーギーをブリーダーから迎え入れる

子犬 2匹

メリット

見た目だけでなく、自分と気の会う性格や雰囲気を持つ子を選ぶことができます。

これから迎え入れようとしている子の兄弟や親を直接確認することができるからです。

迎え入れ前に気になったことはもちろん、迎え入れ後の子育てに関するアドバイスも貰えますよ。

 

注意点

優良なブリーダーと悪質なブリーダーを見極めなければなりません。

動物愛護法の改正によって対面販売が義務化されたことで、ブリーダーの所在地が遠方であっても自分の目で実際に確認する必要があります。

 

コーギーの子犬を選ぶときにチェックしたいポイント

ウェルッシュコーギーペンブローク
子犬を選ぶ時のポイントは、「親犬」「外見」「性格」の3つです。

親犬を確認すれば将来の姿が想像できますし、健康面は外見の「目の輝き」「被毛のツヤ」などに表れるからです。

また、性格があまりにも合わないようであれば、手放すことにもなりかねませんよね。

 

まとめ

コーギー 犬 素材

愛犬を選ぶときは、写真だけではなく実際に会いに行って活動している様子を見るようにしてください。

コーギーは遺伝的に股関節の病気にかかりやすいですし、澄んだ瞳の奥に知性が宿っているといわれるからです。

ファーストインプレッションも悪くないですが、外見や内面などを総合的に考えて決めるようにしてくださいね。

 

↓別のコーギーの記事を読む↓