トイプードルの性格は甘えん坊?しつけ方、運動量や体重は?飼い方まとめ

ふわふわの毛と愛くるしい瞳が魅力的なトイプードル。

小さな子供からお年寄りまで、年齢を問わず大人気の犬種です。

この記事ではトイプードルの性格や特徴、しつけ方などについてまとめました。

 

トイプードルの性格は?


トイプードルの性格は「賢い」「フレンドリー」「甘えん坊」などです。

物覚えがよいことからしつけもしやすく、小さな子どもがいる家庭でも飼いやすい犬種ですよ。

トイプードルは男女でも少し違った性格の傾向があります。詳しく知りたい方はこちらの記事をご確認ください。

 

トイプードルの基本情報

歴史

トイプードルがどこで発祥したのかについては諸説あるため、はっきりしたことはわかっていません。

しかし、近年ではヨーロッパを横断しながら土着の犬との交雑を繰り返し、ドイツからフランスへ入ったというのが最が有力とされています。

現在では、毛が抜けにくい特徴を活かして高齢者介護施設や病院でのセラピードッグ、嘱託警察犬としても活躍していますよ。

 

大きさ・体重

トイプードル_多頭飼い

トイプードルは、体高25~28cm体重3kg前後です。

体型は「ドワーフタイプ」「ハイオンタイプ」「スクエアタイプ」の3種類があり、「くるくるの被毛」「抜け毛が少ない」「臭いが少ない」といった特徴があります。

 

毛色

トイプードルの毛色は、人気のレッドやアプリコットなどを含め「14種類」ほどあるとされています。

毛色ごとにも性格に違いが多少ありますので、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

レッド

最も人気があるカラーです。

歴史が浅く遺伝子が安定していないため、毛色が年々薄くなる傾向があるといわれています。

 

中間色ではなく、基本カラーの1つです。

遺伝子が安定しているので遺伝疾患を持つ子は少ないとされますが、ブラック以外の遺伝子が混ざっている場合は成長とともに毛色が薄くなる傾向があります。

 

その他

上記以外のカラーとして、「ホワイト」「ブルー」「グレー」「ブラウン」「カフェオレ」「アプリコット」「クリーム」「シルバー」「クリーム」などがあります。

 

仲間の犬種

犬種名体高
ティーカッププードル23cm以下
タイニープードル25cm以下
ミニチュアプードル28cm以上
スタンダードプードル45cm前後

上記の表に示したように、プードルは体高によって名称が変わります。

それぞれのプードルについては関連記事をご確認ください。

 

ティーカッププードル

ティーカッププードルは、アメリカで誕生した小さなプードルのことです。

日本では正式な犬種とは認められておらず、トイプードルに分類されています。

 

タイニープードル

タイニープードルは、「Tiny(とても小さな)」という意味をもつ小さなプードルです。

基本的な気質や体型、毛色などはほかのサイズのプードルと同じですが、公式には認められていません。

 

ミニチュアプードル

16世紀には存在していたとされている犬種で、小型犬に分類されます。

日本での飼育頭数は、登録されているプードル全体の約0.2%程度と最も少ない犬種ですよ。

 

スタンダードプードル

プードルの歴史の中で一番古くから存在している犬種です。

日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」でシンガーソングライターと旅をしていた「ジジ」と「ププ」が有名ですね。

 

トイプードルにおすすめのドッグフード

モグワンドッグフード

運動能力が高く活発に動き回ることが大好きなトイプードルには「モグワンドッグフード」がおすすめです。

動物性タンパク質が全体の50%以上を占めているので、犬が最も必要とする動物性タンパク質を効率よく摂取することが出来ますよ。

香料や着色料が不使用なのも嬉しいですね。

\ キャンペーン実施中! /

最大20%OFF!

詳しくは、「モグワン公式サイト」をご確認ください。

 

トイプードルの散歩について

トイプードルの散歩は、1日2回それぞれ30分程度を目安にするといいですよ。

ただ、体型の割に足が細いので、子犬のうちは激しい運動を避けるようにしてくださいね。

 

トイプードルのしつけについて

とても賢く従順な犬種なので、しつけしやすいといわれています。

ただ、愛情を注ぐだけではワガママに育ってしまうので、リーダーは飼い主であることを理解させ、時には毅然とした態度を取ることも大切です。

 

反抗期

生後5ヶ月ごろになると、「ホルモンバランスの変化」「権勢本能の芽生え」などの理由から言うことを聞かなくなることがあります。

反抗期であるこの時期は、飼い主さんが毅然とした態度をとり「無視」することが一番です。

 

トイプードルのお手入れについて

この見出しでまとめたこと

  • ブラッシング
  • シャンプー
  • トリミング
  • 肉球
  • 毛玉ケア

 

ブラッシング

抜け毛は少ないですが毛玉ができやすいので、小まめなブラッシングが欠かせません。

絡んだ毛玉を丁寧にほぐしてから、毛の流れに逆らうようにブラシを皮膚と平行に動かすといいですよ。

 

シャンプー

トイプードルは被毛が汚れやすいので、定期的なシャンプーが必要です。

トイプードルのシャンプーは2~3週間に1回が理想です。あまり頻繁に洗いすぎると、必要な皮脂まで落としてしまいます。

 

トリミング

トリミングサロンの利用ができるのは、生後3ヶ月以降かつワクチンプログラムを接種しておよそ1ヶ月後からです。

それまでは、ブラッシングや爪切りなど、簡単にできるお手入れをして清潔に保つことが大切ですよ。

 

トリミングカット

月1回程度を目安に行います。

カットをしないと毛が伸びて毛玉の原因になるため、部分的にでも気になった部分があれば定期的にカットをすることをおすすめします。

 

カットスタイル

カットスタイルのバリエーションが豊富なので、様々なカットスタイルを楽しめますよ。

代表的なカットスタイルとして「テディベアカット」「モヒカンカット」「アフロカット」などがあります。

 

肉球

犬の肉球には衝撃を吸収し足を守る役割のほか、汗を出して体温調節する働きもあります。

 

毛玉ケア

「脇の下」「耳裏の付け根」「内股」などのよく動かす場所に毛玉ができやすいです。

美しい被毛を維持するためにも、日頃の手入れが欠かせません。

 

トイプードルの生理・妊娠・出産について

犬 トイプードル 素材

トイプードルの生理は1歳ごろ、周期も6~8ヶ月と他の犬種と比べると少し遅めです。

生理・妊娠・出産について詳しくは関連記事をご確認ください。

 

トイプードルの多頭飼育について

トイプードル

社交的な性格の子が多いので、多頭飼育にも向いています。

ただヤキモチ焼きな部分もあるので、「リーダーは飼い主であること」を理解してもらうこと、「公平なしつけをする」ことを心がけるといいですよ。

 

トイプードルの寿命について

トイプードルの寿命は15年前後で、小型犬の中でも比較的長めです。

「食事」「ストレス」「病気の早期発見・治療」の3つに気をつけることで、より長い時間を共有することもできますよ。

 

トイプードルによくある症状・病気について

トイプードル

この項目では、トイプードルによくある症状と病気について紹介します。

 

よくある症状

トイプードルがかかりやすい症状としては、「涙やけ」「膝蓋骨脱臼」などがあります。

 

涙やけ

涙やけは、何らかの原因で過剰に分泌された涙が常に目から溢れている状態です。

「涙腺・涙管のトラブル」「異物の混入」「アレルギー」「水分不足」など要因は様々です。

 

膝蓋骨脱臼

後ろ足のひざ関節のお皿が脱臼した状態になってしまう症状です。

膝関節周りの骨や靭帯の形成異常などの先天的な原因のほか、打撲や高所からの落下など後天的な原因で発症します。

 

よくある病気

「低血糖」「気管虚脱」「てんかん」「クッシング症候群」などに注意が必要です。

 

トイプードルの迎え入れについて

迎え入れ先

トイプードルの迎え入れ先は、「ペットショップ」「ブリーダー」「里親」の3つです。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分にあった最適な方法で迎え入れるといいですよ。

 

里親

里親制度は家庭の事情などで飼育できなくなった犬を受け入れる制度です。

インターネットでの募集も頻繁に行われており、無料で迎え入れられる事が多いですね。

 

ブリーダー

もともとペット先進国であるアメリカやイギリスなどで主流だった方法です。

ブリーダーさんから実践的なアドバイスを貰えること、比較的安価で入手できるなどのメリットがありますよ。

 

ペットショップ

ペットショップは規模こそ様々ですが、国内には多くの店舗が展開されているのでいちばん身近な入手方法だといえます。

 

子犬の選び方

健康な子犬を選ぶときにチェックしたいポイントは「外見」「性格」「親犬」の3つです。

健康面は外見にも現れますし、自分と気の合う子でないと長続きしない可能性もあります。また、親犬をチェックすることで、将来の姿が予想しやすくなるからです。

 

迎え入れ費用

トイプードルの迎え入れにかかる費用は、20万円です。

毛色や毛量が値段に影響する犬種でもあり、「レッド」「アプリコット」などの人気カラーや毛量が多い子ほど高くなる傾向があります。

 

名前

犬 トイプードル 素材
男の子には「マロン」「レオ」、女の子には「モモ」「ハナ」などが人気です。

男の子と女の子のどちらにつけても違和感のない「ココ」「モコ」なども人気ランキング上位に入っていますよ。

 

飼育環境の準備

トイプードルとの生活をより快適なものにするために、「ケージ」「床材」「トイレ用品」「食器類」「首輪やリード」「ケア用品」をまず揃えるようにします。

 

飼育グッズ費用

トイプードルの飼育にかかる生涯費用は、「初期費用」+「年間費用」✕「平均寿命」で計算することができます。

上記の計算式で求めると、およそ431万円になりますよ。

飼育にかかる生涯費用について詳しくは関連記事をご確認ください。

 

トイプードルのミックス犬について

トイプードルには「チワワ」「ポメラニアン」「シーズー」「マルチーズ」といった人気の犬種と交配させて誕生したミックス犬がいます。

 

まとめ

トイプードル 犬 素材

この記事では、トイプードルの飼い方について紹介しました。

すでに飼育している、これから飼育を考えている皆様のお役に立てる情報があれば幸いです。