象(ゾウ)はどこに住んでるの?動物園で会える?餌は?

ゾウは、陸上哺乳類の中で最も大型の動物です。市原ぞうの国で飼育されている「ゆめ花」というゾウが、絵や文字を書くとしても話題になりましたね。

この記事ではゾウの生息地、会える動物園、食べている餌についてまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

象(ゾウ)はどこに住んでいる?分布は

shutterstock_358525301
ゾウの分布域アフリカゾウ: サハラ砂漠以南のアフリカ
アジアゾウ:南アジアから東南アジアにかけて
ゾウの生息域サバンナ
半砂漠地帯
密林
丘陵地の密林
草原

ゾウにはアフリカゾウとアジアゾウの2種類がおり、分布域と生息域が違います。

アフリカゾウは、サハラ砂漠以南のアフリカに分布しています。エチオピア・ガーナ・ギニア・ケニア・タンザニア・中央アフリカ共和国・南アフリカ共和国などですね。主に「サバンナ」「半砂漠地帯」「密林」などに生息していますよ。

アジアゾウは、南アジアから東南アジアにかけて分布しています。インド・インドネシア・カンボジア・スリランカ・タイ・マレー半島・ミャンマー・スマトラなどですね。主に丘陵地の森林や草原などに生息していますよ。

 

象(ゾウ)は動物園で会える?

shutterstock_94150897

ゾウに会える動物園は?

  • 東武動物公園(埼玉県)
  • 多摩動物公園(東京都)
  • 市原ぞうの国(静岡県)
  • 富士サファリパーク(静岡県)
  • 伊豆アニマルキングダム(静岡県)

関東近郊でゾウに会える動物園は、「東武動物公園」「多摩動物公園」「市原ぞうの国」「富士サファリパーク」「伊豆アニマルキングダム」などです。

関東からは少し離れますが、「東北サファリパーク」ではゾウの背中に乗って園内を散歩することもできますよ。10歳以上の子供であれば1人でゾウの背中に乗ることもできるので、お子さんも喜ぶこと間違いなしです。

 

日本で飼育されているゾウは減っている?

日本で飼育されているゾウの数は減少の一途をたどっています。

「ワシントン条約」の取り決めで輸入が難しいこと、動物園などでも繁殖が難しいことなどが主な理由ですよ。

ただ、2018年に4頭のアジアゾウがミャンマーから札幌市の円山動物園に来日する予定なので、ぜひ実現してほしいですね。

 

海外でゾウに会える動物園は?

ゾウは世界中の動物園で飼育されています。

様々な国でゾウに会うことが出来ますが、シンガポールにある「シンガポール動物園」やバリにある「バリ動物園」ではゾウの背中に乗れるゾウライドを楽しむことができますよ。

 

象(ゾウ)の餌は?何を食べる?

shutterstock_386162086
飼育下での餌乾牧草
果物
野菜
草食動物用ペレット
野生下での餌
木の枝・樹皮・葉・種子
果物

動物園などの飼育下のゾウには、「乾牧草」を主食として与えています。

そのほか補助食としてリンゴやバナナなどの「果物」、ニンジン・さつまいもなどの「野菜」、「草食動物用ペレット」などを与えることが多いですね。

ビタミンが不足しないように、餌にビタミン剤を混ぜている動物園もありますよ。

 

野生下での餌は?

野生下では、主に「草」「木の枝・樹皮・葉・種子」「果物」などを食べています。

採食するときは、鼻を上手に使って木の葉などを巻き取るようにして食べますよ。食事量はアジアゾウが1日150kgほど、アフリカゾウは100~300kgほどです。

 

針も掴める!?といわれるほど器用な鼻

shutterstock_176556266

ゾウの鼻は「第3の手」ともいわれるほど器用で、ピーナッツのような小さな物から豆腐のような壊れやすいものまで器用に掴むことができます。

ちなみに、ゾウの長い鼻には骨が無く、10万ともいわれる数の筋肉で構成されていますよ。