ドーベルマンの飼い方まとめ!性格や飼育環境、食事、しつけ、寿命・病気は?

ドーベルマンは、アスリートのような引き締まったボディと賢く優秀な頭脳を持ち合わせた犬種です。

使役犬としてのイメージが強いかもしれませんが、家庭犬としても世界中で愛されていますよ。

この記事では、ドーベルマンの性格や特徴、子犬の迎え入れ費用や迎え入れ方、しつけや寿命についてまとめました。

 

ドーベルマンの基本情報

犬_ドーベルマン

歴史

ドーベルマンの歴史は浅く、「カール・フリードリヒ・ルイス・ドーベルマン氏」によって1890年頃、ドイツのテューリンゲン州で誕生しました。

屠畜解体業者であり収税人、また犬の保護員であった彼が、放浪している犬の中から際立ったものを選び出し交配させ誕生したのがドーベルマンだとされています。

警護能力に長け、現在でも「警察犬」「麻薬探知犬」「軍用犬」などとして活躍しています。

 

大きさや特徴

男の子体高:68~72cm
体重:40~45kg
女の子体高:63~68cm
体重:32~35kg

ドーベルマンは細くみえますが、犬のサラブレッドとも呼ばれるほど筋肉質で逞しい体つきをしています。

「くさび形の頭部」や「直線的な口吻のライン」が特徴的ですよ。

被毛カラーはブラックかブラウンで、マズル(口先)、両頬、眉上、のど、前胸、足、尾のに赤褐色の斑があります。

 

ドーベルマンの性格について

shutterstock_337060661

ドーベルマンの性格は、「警戒心が強い」「忠実」「甘えん坊」などです。

見た目から怖いイメージがありますが、警戒心を解いた時にみせる優しくて人懐っこく甘えん坊な一面に魅力を感じる方が多いですね。

 

ドーベルマンの快適な飼育環境について

犬_ドーベルマン

ドーベルマンとの生活をより快適なものにするために、「ケージ」「トイレ用品」「食器類」「首輪やリード」「ケア用品」をまず揃えるようにします。

 

ドーベルマンの食事について

ドーベルマン_20160628

食事量

普段与えているドッグフードの裏面に記載されている量をあげるようにします。

ただ、体重との換算表は、愛犬が「理想体型」であることを前提としているので、太っている子や痩せている子は量の調整が必要となります。

 

おすすめドッグフード

モグワンドッグフード

ドーベルマンには、「モグワン」がおすすめです。

モグワンは、主原料に新鮮なチキンと生サーモンを使用しており、犬に最も欠かせない栄養である「良質な動物性たんぱく質」が50%以上も含まれています。

しっかりとした筋肉、体格をつくるために効率よく栄養を摂取することができますよ。

\ キャンペーン実施中! /

最大20%OFF!

詳しくは、「モグワン公式サイト」をご確認ください。

 

 

ドーベルマンのお手入れについて

犬_ドーベルマン

お手入れ項目

  • 被毛ケア
  • シャンプー
  • 歯磨き
  • 爪切り
  • 耳掃除

ドーベルマンとの生活をより良くするためには、日々のこまめなケアが欠かせません。

 

被毛ケア

ブラッシングは、毎日、換毛期であれば1日2回を目安に行います。

スリッカーブラシで余計なアンダーコートを取り除いた後にコームで仕上げます。

 

シャンプー

1~2ヶ月に1回を目安に行います。

シャンプー前にブラッシングで余計な抜け毛を取り除いておくと、毛が絡みにくくなってシャンプーしやすくなりますよ。

シャンプーが終わった後は流し残しのないように、丁寧にすすぐことも忘れないでくださいね。

 

歯磨き

定期的な歯磨きは口腔疾患のケアに繋がります。

指に巻いたガーゼで歯の表面に付着した汚れをふき取るようにします。

 

爪切り

血管を傷つけないように、爪の先端から少しずつ切るようにします。万が一の時のために止血剤も用意しておくといいですよ。

 

耳掃除

耳掃除は、耳が汚れているタイミングで行います。

「耳垢が増えた」などいつもと違う様子であれば、病院で診察を受けるようにしてくださいね。

 

ドーベルマンの運動について

犬_ドーベルマン

朝夕1日2回1時間程度が、運動量の目安になります。

運動量が不足するとストレスがたまり、「吠える」「噛む」といった問題行動の原因になってしまいます。

 

ドーベルマンのしつけについて

ドーベルマン

ドーベルマンは飼い主に忠実で訓練性が高いので、しつけしやすい犬種です。

ただ、飼い主がリーダーであるという関係性の構築が不十分だと、立場が逆転して手に負えなくなってしまうこともありますよ。

 

ドーベルマンの寿命・病気について

犬_ドーベルマン

ドーベルマンの寿命はおよそ11年で、大型犬としては平均的です。

かかりやすい病気として、「甲状腺機能低下症」「胃捻転」「拡張型心筋症」「脱毛症」などがあります。

 

ドーベルマンの迎え入れ

犬_ドーベルマン_吠える

迎え入れ先

迎え入れ方法は、「ブリーダー」「里親制度」の2つです。

それぞれにメリット・注意点があるので、自分に適した方法で迎え入れるようにしてくださいね。

 

迎え入れにかかる費用

ドーベルマンの子犬の迎え入れにかかる費用は、およそ20万円です。

親犬がコンテストなどで受賞歴があるなど血統の良さに比例して高くなる傾向がありますよ。

 

まとめ

犬_ドーベルマン

この記事では、ドーベルマンの飼い方について紹介しました。

すでに飼育している、これから飼育を考えている皆様のお役に立てる情報があれば幸いです。

 

↓犬種210種類まとめ記事を読む↓