ドーベルマンの飼育にかかる生涯費用を、初期費用と月々かかる飼育代から計算!

ドッグヘルスアドバイザー・ドッグトレーニングアドバイザー・ドッグライフアドバイザーの資格を保有。犬の健康管理、栄養、病気と対処法、しつけとトレーニングに関する情報が専門。

精悍で気高い印象と筋肉質な体型から「犬のサラブレッド」と呼ばれることもあるドーベルマン。

映画などのイメージから獰猛で危険な犬と言われることもありますが、愛情深いので家庭犬としても迎え入れやすい犬種ですよ。

この記事では、ドーベルマンの飼育にかかる生涯費用を初期費用と月々の飼育代から計算してまとめました。

 

ドーベルマンの飼育にかかる初期費用:迎え入れ費用


ドーベルマンの迎え入れにかかる費用は、およそ20万円です。

親がドッグショーでタイトルを持っていたり、フォン・ヴィレブランド症の遺伝子検査を済ましている場合などは30万円を超えることもありますよ。

健康な子犬と出会うためにも、迎え入れる際はブリーダーに親犬や兄弟を見せてもらうことをおすすめします。

 

ドーベルマンの飼育にかかる費用:食事代

年間および生涯の食事代

1年間の食事代

  • 約30万円

生涯の食事代

  • 約360万円

ドーベルマンにおすすめの「カナガンドッグフード(2kg 3960円)」で計算すると、月におおよそ2万4000ほどかかります。

しつけに使うおやつ代と合わせて月約2万5000円ほどなので、年間で30万円かかる計算ですね。

ドーベルマンの寿命は約12年ほどなので、生涯かかる食事代は約360万円ですよ。

 

おすすめドッグフード

カナガンドッグフード

ドーベルマンには、「カナガンドッグフード」がおすすめです。

カナガンドッグフードの原材料は、全てヒューマングレード(人間用の食品工場で加工出荷された肉・魚・野菜を使用。

原材料の50%以上に、「骨抜きチキン生肉」や「乾燥チキン」が使われているのも嬉しいですね。

 

 

ドーベルマンの飼育にかかる初期費用:飼育グッズ費用

飼育グッズ費用

  • 約10万円

ドーベルマンを飼育するために必要なものは、「サークル」「床材」「トイレ用品」「食器類」「首輪とリード」などです。

総額で10万円近くかかりますがなるべく揃えてあげてくださいね。

 

サークル

35kg程度にまで成長するドーベルマンには、幅120cm高さ100cm程度あるサークルがおすすめです。

3万円ほどで購入できますよ。

 

床材

床がフローリングだと滑って怪我をしたり骨折をすることも考えられます。

クッションフロアや絨毯を敷く、フローリング用滑り止めワックスを塗るなどの対策をしてあげてくださいね。

マットは20畳で4万円ほど、ワックスは1万円ほどで販売されていますよ。

 

食器類

食器類は、ドッグフード用と水飲み用の2つを用意します。

ドッグフード用の食器は20cmほどの大きさでステンレス製を選ぶといいですよ。耐久性に優れていますし、十分な大きさがあるのでドカ食い・胃捻転の防止にもつながります。

 

水飲みはボウルでも大丈夫ですが、衛生面を考慮すると給水ボトルタイプがおすすめです。

 

首輪

しつけがしっかり出来るまでは首輪がおすすめですが、キチンとしつけが出来て上手な散歩が出来る様になればハーネスでも問題はありません。

首輪・ハーネスは4000円、リードは3000円ほどです。

 

 

ドーベルマンの飼育に月々かかる費用:その他費用

費用の合計

  • 年間約8万円

 

トイレシート

トイレトレーとトイレシーツをそれぞれ用意するのが一般的ですが、洗って繰り返し使えるおしっこパッドを用意すると便利ですよ。年間5000円にはおさまるはずです。

 

シャンプー・リンス

シャンプー・リンスなどのケア用品も用意しておきます。年間1万5000円ほどになります。

 

医療費

大型犬の場合、1年間にかかる医療費はおよそ6万円になります。

寿命が12年なので、72万円前後を見積もっておくといいですよ。

 

ドーベルマンの飼育に生涯かかる費用を計算

生涯かかる合計費用

  • 約496万円

犬の飼育にかかる生涯費用は

初期費用」+「年間費用」✕「平均寿命

で計算することができます。

 

初期費用は「迎え入れ費用約30万円」と「飼育グッズ費用10万円」を足して、約40万円ほどかかります。

年間費用は「食事代30万円」と「その他費用8万円」を足して、約38万円ほどと概算できます。

ドーベルマンの平均寿命は約12年なので、生涯費用を計算すると40万+38万×12年=496万円ほどになる計算です。

 

まとめ


ドーベルマンに充実した生活を楽しんでもらえるかは飼い主さん次第です。

しっかりと見積もりをして、どんな状況にも対応できる見通しを立ててから飼育するようにしてくださいね。

 

↓別のドーベルマンの記事を読む↓