シーズーの飼い方まとめ!性格や体重、寿命や病気は?

シーズーは西太后がこよなく愛したという豪華な外観を持ち、他の犬種では不可能なスタイリングを楽しむことができる犬種です。

中国の宮廷犬として愛された、長い歴史がありますよ。

この記事では、シーズーとの生活に関わる性格や体重、寿命、かかりやすい病気など、pepyにあるシーズーの記事すべてをまとめました。

 

シーズーの性格

シーズーの性格

  • 人懐こくフレンドリー
  • 穏やかでマイペース
  • 賢くしつけやすい

シーズーは人懐っこくて明るく、遊び好きな性格をしています。

見た目通りの穏やかなマイペース気質ですが、飼い主さんの歩くペースに合わせて一緒に散歩したり自転車のかごに乗って散歩を楽しんだりと協調性も持ち合わせています。

はつらつで好奇心も旺盛なので、飼い主家族や他のペットともフレンドリーに接してくれる子が多いですよ。

 

シーズーの基本情報

原産国や歴史

シーズーの起源はチベットだといわれています。シーズーは「小さな獅子」といわれ、「獅子狗(シーズークヮ)」と名付けられたことが名前の起源となっています。

中国で獅子はとても神聖な動物なので、中国国内の貴族や皇族に愛され、宮廷内では4000匹ものシーズーが飼育されていたともいわれています。

 

1960年代にアメリカに渡り、1969年にはAKC(アメリカンケネルクラブ)に犬種登録されました。現在では世界中でペットとして愛され、高い人気を誇っています。

 

外見の特徴

シーズーの大きさ

  • 体高:20~28cm
  • 体重:4~7kg

シーズーの大きさは上の通りです。

体型はヨーロッパ系とアメリカ系に分類されますが、全体的に骨太で筋肉質な体型をしていますよ。

しっぽは長い飾り毛がついた巻き尾になっていますが、付け根の位置がほかの犬に比べて高いため、豊かなしっぽの被毛が背中にくっついているようにもみえます。

 

被毛の特徴

見た目は気品漂う美しいロングコートで、お手入れを怠らなければ引きずるほど長く伸びます。小柄ですが丈夫でエネルギッシュに動きまわるのも特徴の1つといえますね。

被毛のカラーは「ホワイト&ゴールド」「ホワイト&ブラック」が多いですが、それ以外にも珍しいカラーもいますよ。また、成長とともに被毛のカラーが変化することもシーズーの特徴です。

 

シーズーの食事・ドッグフード

食事量については体重から計算する方法もありますが、基本は普段与えているドッグフードの裏面に記載されている量をあげるようにします。

シーズーにはレガリエドッグフードがおすすめですよ。

 

シーズーの散歩

シーズーに必要な散歩時間

  • 1日1~2回
  • 各30分程度

シーズーは小型犬ですが室内運動だけではなく、1日1〜2回30分程度は外に出して日光浴と散歩をさせてあげてください。

理想は朝夕の2回がおすすめです。ただ歩くだけではなく、ときには坂道や階段を利用したり全力で走ったり、変化に富んだ散歩がおすすめです。

 

シーズーのしつけ

シーズーはいい子でしつけやすい子が多い犬種ですが、飼い主さんがしっかりとしつけの正しいスタンスを理解して取り組むことが大切です。以下の記事では決して叱らない、褒めて伸ばすしつけの仕方を解説しています。

 

シーズーのお手入れ

トリミングカット

トリミングサロンで見た目を整えるために行うカット法や人気スタイルから、自宅で健康ケアの目的で行うカット法まで、シーズーの美しい被毛を活かし維持するためのコツをまとめています。

 

ニオイ

生活をしているとお口や耳、体のニオイが気になることもあります。日々のお手入れやトイレのお掃除で解決できることがほとんどですが、中には皮膚病歯周病が原因でニオイを発していることもあります。

この記事ではそんなシーズーのニオイの原因別の対策法をまとめています。

 

その他お手入れ

上記のトリミング、ニオイ以外にもシーズーに日々してあげたいお手入れはたくさんあります。この記事で特に重要な5種類のお手入れについてまとめていますので、ぜひご確認ください。

 

シーズーの寿命・かかりやすい病気

シーズーの寿命は15年ほどだといわれています。いかに愛犬のシーズーが長く健康に生活してくれるかは、かかりやすいといわれている病気を未然に防げるかが大きなポイントになってきます。

 

皮膚炎

よくある病気の中でもシーズーは皮膚炎にかかりやすいといわれています。この記事で皮膚炎の症状や対策について、獣医師さん監修のもと解説しています。

 

シーズーの迎え入れ

費用

お迎え時にかかる費用は大体20万円前後です。その他飼育に必要なグッズや食事代、医療費なども加味したかかるお金の総額が知りたい方は、こちらの記事を御覧ください。

 

迎え入れ先

シーズーの迎え入れ先は大きくわけて「ペットショップ」「ブリーダー」「里親」の3パターンあります。それぞれの特徴をまとめましたので、これから飼育を検討している方はぜひご覧ください。

 

里親

中でも里親制度のご利用をお考えの方には「シーズーレスキューネットワーク」という団体がおすすめです。殺処分をゼロにするという目標のもと日々活動されている団体です。

 

シーズーのミックス犬

シーズーは大人気な犬種なので、ミックス犬も多くの種類が存在します。中でも有名なシープーシーポメチワズーなど7種類のミックス犬の性格や見た目の特徴をまとめています。

 

まとめ

この記事ではシーズーについての全記事を紹介しました。

少しでも飼い主の皆様にお役に立てる情報があれば幸いです。

 

↓犬種210種類まとめ記事を読む↓