マイクロブタを飼いたい!販路は輸入?ブリーダーや里親は?

「mipig」の創設者、兼責任者。 mipig(マイピッグ)はマイクロブタさんがもっと身近になるように "micro"と"my"を掛けて想いを込め、作られた名称です。 日本における「経済動物」としてのブタさんだけではなく、「ペット」としてのブタさんという新たな生き方ができる 幸せなブタさんが1匹でも増えていくことを願い活動しております。

ミニブタの登場でブタさんがペットとして飼われるようになり、最近ではさらに小型化された「マイクロブタ」という主が誕生しました。

この記事ではマイクロブタの販路別の特徴やおすすめ販路についてまとめました。

 

マイクロブタを飼いたい!販路は?

販路

  • 輸入
  • ブリーダー
  • 里親

マイクロブタは日本のペットショップでは滅多に出会うことができません。ペットショップに電話をして購入の予約が可能な場所もありますが、ほぼ0といえます。

主な販路は「輸入」「ブリーダー」「里親制度」が考えられます。海外での値段は3~10万円程度です。マイクロブタの輸入を個人を行おうとすると、検疫などの問題があります。現状ではまだ手に入れることが難しいといえますね。

 

マイクロブタは海外から輸入できる?

マイクロブタ

個人が海外からマイクロブタを輸入することは、不可能に近いです。

マイクロブタを輸入する場合、検疫の問題がかなり大きいです。到着予定日の90日前までに動物検疫所長あてに「動物の輸入に関する届出書」を提出する必要がありますよ。

動物検疫所長から承認を受けれれば、次に輸入動物を搭載した船舶または航空機が入港する2日前までに「輸入検査申請書」を係留する場所を管轄する「動物検疫所」に提出します。同時に家畜防疫官に「係留検査に係る届出書」「動物管理人についての届出書」を提出する必要もあります。

そこから引き取りまでは半年以上かかり、輸入にかかる費用だけでも数百万円します。

 

マイクロブタをブリーダーから引き取るには?

イギリスのブリーダーから直接マイクロブタを日本に輸入できているのはmipigだけです。

ブリーダーからの引き渡し前には避妊去勢を必ず行っているので、信頼できるブリーダー以外が交ざる可能性もありません。

最近ではペットショップでマイクロブタを販売するところもちらほら出てきましたが、買い付け先の農場が不明の場合もあります。

もしかしたらミニブタをマイクロブタと偽って販売している農場かもしれないというリスクがあります。

長年小型化されてきたマイクロブタをペットして引き取れる日本の業者はmipigが唯一です。

 

マイクロブタを里親制度で引き取る、メリットとデメリットは?

マイクロブタ

里親制度では両親や引き取るマイクロブタの姿が直接確認できることや値段が安いこと、里親さんに飼育の相談ができることがメリットとして挙げられます。

ただし、里親さんが悪質なブリーダー経由でブタさんを引き取っていて、実はミニブタだったという可能性もあります。

ブリーダーから引き取る場合と比べてもさらに信頼性が低いというのがデメリットです。

 

今後の販路拡大に期待!

マイクロブタ

日本でマイクロブタを引き取る場合、イギリスの信頼できる農場と提携しているmipigから引き取る方法がおすすめです。

飼育に興味がある方は、mipigが運営するマイクロブタカフェを訪れてみてはいかがでしょうか。