マイクロブタさん誕生の歴史!日本に来て何年?ミニブタさんとは親戚?

「mipig」の創設者、兼責任者。 mipig(マイピッグ)はマイクロブタさんがもっと身近になるように "micro"と"my"を掛けて想いを込め、作られた名称です。 「ペット」としてのブタさんという新たな生き方ができる幸せなブタさんが1匹でも増えていくことを願い活動しております。

コロコロとカーペットの上で遊ぶ姿が可愛らしいマイクロブタ。YouTubeなどの動画サイトでは膨大な閲覧回数を記録するなど世界中で話題のペットですが、どこでどのように生まれたのでしょうか。

この記事では、マイクロブタさん誕生の歴史について詳しくまとめました。

 

 

マイクロブタさんの歴史、いつ誕生したの?


写真提供:mipig

マイクロブタが誕生して「マイクロブタ」と呼ばれ始めたのは、だいたい2000年頃とされています。

それ以前はミニブタさんがヨーロッパを中心に流行していましたが、名前とは裏腹に成体になると体長1m、体重70kgにもなることから飼育放棄が相次ぎました。

そこで主にイギリスのミニブタ愛好家から「小さいままで飼育できる本当のミニチュアブタができないものか」という声が聞かれるようになり、ミニブタよりさらに小さなブタさんが誕生しました。

体格の小さいミニブタさん同士を地道に掛け合わせた結果、今のマイクロブタさんが誕生したと言われています。

 

マイクロブタさんの歴史、ブタ・ミニブタとの関係


写真提供:mipig

上記の通り、マイクロブタさんはミニブタさんから誕生した品種です。

ミニブタさんの中でも比較的サイズが小さめの「ホットベリー」という品種の子から生まれたとされています。

ミニブタさん自体も、ブタさんの小さな品種から生まれているので、ブタ、ミニブタ、マイクロブタの関係性は「親戚」だといえますね。

 

マイクロブタさんの歴史、日本に来たのはいつ?


写真提供:mipig

マイクロブタさんが日本に来たのは、mipigがイギリスから連れてきた2018年頃です。

イギリスのファームで育ったマイクロブタさんを日本に連れてきて、日本でファームを作ったのはmipigが初めてです。

その前にも「ミニブタよりも小さなブタさん」は日本にいて一部「マイクロブタ」と呼ばれることもありましたが、イギリスで生まれた純粋なマイクロブタを扱う事業者としては、mipigが一番信頼できるといえます。

 

 

マイクロブタに癒されよう!

マイクロブタさんを取り扱っている業者はmipigが有名です。マイクロブタさんの魅力が気になる方はmipigの公式インスタグラムや運営するカフェ「マイクロブタカフェ」へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

近い将来、マイクロブタは飼いやすさと愛くるしさから、犬や猫に次ぐ人気ペットの座についているかもしれませんよ。

 

↓マイクロブタさんの記事まとめ↓