シンガプーラってどんな猫?性格や寿命、飼いやすさについて

シンガプーラは、シンガポール生まれの世界最小の猫です。「小さな妖精」とも呼ばれ、人気がありますよ。

この記事では、シンガプーラの性格や特徴、寿命や病気についてまとめました。

シンガプーラの性格は?

シンガプーラ_4

性格

  • 活発だが大人しく飼いやすい
  • 優しくて甘えん坊
  • 好奇心旺盛

 

活発で大人しく飼いやすい

短い毛を持つ猫は一般的に活発だといわれますが、シンガプーラは活発というよりむしろ大人しい性格です。ほとんど鳴くこともなく静かな所を好みますよ。

体が小さくて飼育環境に制限されないこともあり、日本では初心者でも飼いやすい猫種として人気です。

 

優しくて甘えん坊

優しくて甘えん坊な性格も共通しています。ただ、飼い主さんにのみなつく傾向がありますので、飼い主以外の人と接するときなど、慣れない環境にナーバスになってしまうこともあります。

多頭飼いには向かない猫種ですよ。シャイな性格もシンガプーラらしさといえます。

 

好奇心旺盛

野生時代は下水溝でネズミを追いかけていたため、高い運動能力や好奇心旺盛な一面も持ちあわせていますよ。飼い主さんとのおもちゃ遊びが大好きな猫種です。

シンガプーラの詳しい歴史についてはこちら

 

シンガプーラの体重や被毛の特徴、毛色の種類は?

シンガプーラ_1

体重・身体的特徴

体重2~3kg
特徴セミコビータイプ
筋肉質
ぱっちりした目
長めのしっぽ

シンガプーラ最大の特徴は体の小ささです。CFAに公認されている純血種の猫の中でも最小の種類です。

平均的な猫はメスで4~6kgオスで6~8kgですが、シンガプーラは大人になってもオスメス両方共2~3kgと約半分ほどの重さしかありません。

小さくてもその体は筋肉質で、しっかりとした四肢をもつセミコビータイプです。アイラインが入ったアーモンド形のパッチリした目とピンと立った耳を持ち、小柄で可愛らしいため「小さな妖精」とも呼ばれています。

他の猫と異なり、シンガプーラの子猫は生後9週間まで目の色が何度も変わります。

 

被毛・体色

特徴的なセピア色の美しい毛並みは、キラキラ光るティッキング(1本の毛に2~3色の濃い帯状の模様が入っている)があり、まるでシルクのようなゴージャスさを有しています。

お腹は背面よりも淡い色で、しっぽの先端は濃いブラウンをしています。前あしの内側にはバーリングと呼ばれる濃色の線があります。

 

シンガプーラの寿命は?

シンガプーラ_6

寿命

  • 10~15年

シンガプーラの平均寿命は10~15年です。一般的な猫の寿命と比べて平均的な寿命です。体調管理をしっかりと行うことで寿命は延ばすことができますよ。

普段から変わった様子がないか注意深く観察をして、気が付いたことがあれば獣医師に相談してください。定期的にワクチンや健康診断を欠かさないことも大切です。

 

シンガプーラは飼いやすいの?

シンガプーラ

シンガプーラは基本的におとなしく、あまり鳴かないので集合住宅などでも飼いやすい猫といえます。

頭が良く聞き分けもいいので、初めて猫を飼われる方や一人暮らしの方でも安心して迎え入れることができます。

普段の運動量は特別多いというわけではありませんが、もともとの身体能力は高く好奇心も強いので、たまに遊んであげるととても喜びます。

ただ、騒がしい環境は苦手です。環境にストレスを感じやすく、場合によっては後述のストレス性疾患をわずらってしまうことがあるので、多頭飼いなどは向いていません。

 

シンガプーラに適した飼育環境

シンガプーラは暑い国で生まれた猫種なので、暑さに強いですが寒さには弱いです。特に冬場は室温が下がりすぎないように、エアコンなどを調整してあげる必要があります。

好奇心旺盛な性格のため、部屋の中のいろいろなものに興味を示します。家の中で猫にとって危険となりそうな場所・モノはないか、確認するようにしてください。

また水を怖がらない個体もいるようなので、誤って入ってしまわないようにお風呂やトイレ、洗濯機、水槽のふたなどはきちんと閉めるようにしてくださいね。

シンガプーラは1日に15時間以上は寝るといわれています。ゆっくり寝られるような、静かなスペースを確保してあげるのも大切です。

 

シンガプーラにおすすめのキャットフードは?

モグニャン

モグニャンキャットフード

シンガプーラには、「モグニャン」がおすすめです。

モグニャンには、被毛の健康を維持する「オメガ脂肪酸」や長毛の猫が患いやすい「クランベリー」などがバランスよく配合されています。

主原料には白身魚が使用されているので、猫が最も必要とする動物性タンパク質を効率よく摂取することができますよ。

またカロリーが一般的なキャットフードよりも少なく、おとなしく運動量が少ないシンガプーラに向いています。

モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はこちらです。

 

 初回50%OFF! 
 モグニャン半額キャンペーン実施中!

 

モグニャンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり232円1日あたり116円※
※ 体重5㎏の成猫の給餌量を想定

 

アーテミス『オソピュア』

アーテミス オソピュアグレインフリー フィーライン サーモン&ガルバンゾー

「アーテミス『オソピュア』」は、良質な動物性タンパク質が摂取でき、ビタミンB1・カルシウム・カリウムなど猫に必要なビタミンやミネラルを多く含む「ガルバンゾー豆(ひよこ豆)」も使用されているためおすすめのキャットフードです

また猫の身体にやさしいグレインフリー(穀物不使用)かつ無添加です。

「アーテミス『オソピュア』」についてさらに詳しくまとめた記事はこちらです。

 

編集部おすすめの最高級キャットフードはこちらの記事

 

シンガプーラに気を付けたい病気は?

イケメン医者

気をつけたい病気

  • ストレス性疾患
  • 皮膚病
  • 遺伝性の貧血

ストレス性疾患

シンガプーラは神経質な一面を持つので、まず気をつけなければならないのはストレス性の疾患です。多頭飼いには、あまり向いていません。

人が大好きなので、長時間ひとりぼっちにする時間が長く続くと体調が悪化してしまうおそれがあります。ストレス解消のためにも、時間があるかぎり一緒に遊んであげてくださいね。

 

皮膚病

皮膚の病気にも注意が必要です。シンガプーラが産まれたシンガポールは、平均気温が26~27℃で高温多湿な環境です。そのため、日本の寒さや乾燥が苦手です。

なので適切な暖房器具を用意することは大切ですが、器具内のカビや使いすぎによる乾燥がかえってシンガプーラの皮膚疾患を引き起こすことがあります。

使用する際には清潔な環境を保ってあげることが大切です。合わせて毎日のブラッシングを忘れずにしてあげてください。

 

遺伝性の貧血

遺伝性の貧血もシンガプーラによくみられる病気の一つです。

赤血球が必要とする酵素が欠けることで、鉄分が足りなくなり貧血を起こします。命に関わる病気ではありませんが、断続的な軽い貧血、食欲不振、倦怠感などが症状として現れます。

 

シンガプーラの価格は?どこで迎え入れる?

シンガプーラ

 

 

 

 

 

 

 

 

シンガプーラの価格相場は、少し高めの18~30万円ほど。歴史が浅く個体数が少ないこと、飼いやすくて人気であることから高くなりがちです。

飼育環境の整備費も合わせると、初期費用として24万円程度はかかります。

シンガプーラはペットショップやブリーダーの他に、里親やキャッテリーでも迎え入れることができます。キャッテリーとはブリーダーと同じく猫の繁殖を行っていますが、TICAかCFAが正式に認めた繁殖家のみが名乗ることができます。

シンガプーラを迎え入れることが決まったら、まずは実際に見学に行くことがおすすめです。

個体の健康状態はもちろん、飼育環境が劣悪でないか、愛情をもって育てられているか、迎え入れた後のアフターフォローは充実しているかなどはチェックしたいポイントです。

シンガプーラの価格相場や選ぶポイントは?

シンガプーラのブリーダーを探す!地域ごとのおすすめキャッテリーは?

 

マンションでも十分飼育できる小さな猫

シンガプーラ

小さく、ほとんど鳴かないシンガプーラは、アパートやマンションでも飼いやすい猫です。日本ではまだ珍しく、あまり見かけることがないかもしれませんが、一度実物を見に行くことをおすすめするほどかわいい猫ですよ。