パピヨンの飼育にかかる生涯費用を、初期費用と月々かかる飼育代から計算!

クリクリとした愛らしい瞳と、左右に美しく広がる耳元の飾り毛が印象的なパピヨン。

優雅な印象から大人しい性格と思われることも少なくないですが、アジリティを一緒に楽しむこともできる活発な犬種ですよ。

この記事ではパピヨンの迎え入れにかかる費用やおすすめドッグフード、食事代などの生涯費用をまとめました。

 

パピヨンの飼育にかかる初期費用:迎え入れ費用

パピヨンの迎え入れにかかる費用は、およそ10万円です。

ペットタイプかショータイプかによっても値段に開きがあり、両親がタイトルホルダーだと20~30万円の値がつくこともありますよ。

 

パピヨンの飼育にかかる費用:食事代

年間および生涯の食事代

1年間の食事代

  • 約9万円

生涯の食事代

  • 約126万円

パピヨンにおすすめのモグワン(1.8kg 3960円)で計算すると、月に6300円ほどかかります。

しつけに使うおやつ代と合わせて月約7500円ほどなので、年間で9万円かかる計算ですね。

パピヨンの寿命は14年ほどなので、生涯かかる食事代は約126万円ですよ。

 

おすすめドッグフード

モグワンドッグフード

パピヨンには「モグワン」がおすすめです。

モグワンは、運動量の多いビーグルにとって最も欠かせない「動物性タンパク質」が全体の50%以上含まれています。香料や着色料も不使用ですよ。

\ キャンペーン実施中! /

最大20%OFF!

詳しくは、「モグワン公式サイト」をご確認ください。

 

 

パピヨンの飼育にかかる初期費用:飼育グッズ費用

飼育グッズ費用

  • 約6万円

パピヨンを飼育するために必要なものは「ケージ」「床材」「食器類」「首輪」などです。

総額で6万円ほどなので揃えてあげてくださいね。

 

ケージ

ケージは「安眠できる癒しの場」にもなりますし「安全を確保できる場所」にもなるので必ず用意してください。

小さすぎると生活用品が入らない可能性もあるので90x60cmサイズがおすすめです。

 

床材

膝蓋骨脱臼を患いやすい犬種です。

絨毯やクッションフロアを敷く、フローリング用滑り止めワックスを塗るなどの対策が大切ですよ。

マットは20畳で4万円ほど、ワックスは1万円ほどで販売されています。

 

食器類

食器類は100円ショップで売られているものでも問題ありませんが、傷がつき難く重みがあり倒れにくいタイプがおすすめです。

 

 

 

水飲みはボウルでも大丈夫ですが、衛生面を考慮すると給水ボトルタイプがおすすめです。

 

首輪

首輪もさまざまな素材の物が売られていますが、ぴったり合ったつけ心地の良いものを選んであげることが大切です。

3000~5000円で様々な素材のものが販売されているので、最適なものを選んであげてくださいね。

 

パピヨンの飼育に月々かかる費用:その他費用

費用の合計

  • 年間約6万5000円

 

トイレ用品

トイレトレーとその中に敷くトイレシーツを揃えてもいいですが、洗って繰り返し使えるおしっこパッドがおすすめです。年間5000円にはおさまるはずです。

 

ケア用品

シャンプー・リンスなどのケア用品も用意しておきます。年間1万円ほどになります。

 

医療費

小型犬の場合、1年間にかかる医療費はおよそ4万円になります。

寿命がおよそ14年なので、56万円前後を見積もっておくといいですよ。

 

パピヨンの飼育に生涯かかる費用を計算

生涯かかる合計費用

  • 約226万円

犬の飼育にかかる生涯費用は

初期費用」+「年間費用」✕「平均寿命

で計算することができます。

 

初期費用は「迎え入れ費用約10万円」と「飼育グッズ費用6万円」を足して、約16万円ほどかかります。

年間費用は「食事代9万円」と「その他費用5万5000円」を足して、約15万円ほどと概算できます。

パピヨンの平均寿命は約14年なので、生涯費用を計算すると16万+15万×14年=226万円ほどになる計算です。

 

生涯費用は少し多めに見積もることが大切

パピヨンは小型犬ですが、一生涯不自由なく快適な生活を送らせてあげるためにはたくさんの費用がかかります。

飼い始めてから後悔することが無いように、事前見積もりをしっかりしておくことが大切ですよ。

 

↓別のパピヨンの記事を読む↓