スタンダードプードルの飼い方まとめ!大きさ、体重、性格、寿命・病気は?

日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」でシンガーソングライターと旅をしていた「ジジ」と「ププ」はどちらもスタンダードプードルです。

数あるプードル種のなかで最も大きく歴史も古い犬種ですよ。

この記事では、スタンダードプードルの性格や特徴、子犬の迎え入れ費用や迎え入れ方、しつけや寿命についてまとめました。

 

スタンダードプードルの基本情報

歴史

スタンダードプードルは、古くからヨーロッパ各地にいたとされていますが原産地を特定するのは困難です。

ただ、ドイツから移入されてきた、水辺の猟を得意とする犬が祖先なのではないかと考えられていますよ。

誕生した当初は荷車を引く使役犬や鴨狩りの水猟犬として、現在ではコンパニオンドッグやショードッグ・盲導犬・災害救助犬としても活躍しています。

 

性格

スタンダードプードルの性格は、「従順」「社交性がある」「優しい」などです。

社交性があり他の人や動物とも仲良くなれるので、多頭飼いにも向いていますよ。

 

大きさや特徴

スタンダードプードルは体長と体高がほぼ等しいスクエア体型をしており、大型犬に分類されます。

体重は男女共に20~29kg、体高45cm以上で、「豊富なフワフワの巻き毛」「アーモンド型の瞳」「長いマズル」「垂れ耳」「根本が太くて上を向いた尾」が特徴的です。

被毛はシングルコートでやや硬め、カールしています。被毛カラーは豊富で14色が認められていますよ。

 

スタンダードプードルの寿命・病気について

寿命

スタンダードプードルの平均寿命は12年前後で、大型犬としては長生きな犬種です。

 

病気

気をつけたい病気は、プードル全般にみられる「PRA(進行性網膜萎縮症)」「若年性白内障」「てんかん」などの遺伝子疾患や、「胃捻転」「脂腺炎」「アジソン病」があります。

遺伝性疾患は治療法がないものも多いので、兄弟・両親・先祖犬の血統についてきちんと調べることが大切です。

 

スタンダードプードルの快適な飼育環境について

スタンダードプードルとの生活をより快適なものにするために、「サークル」「床剤」「トイレ用品」「食器類」「首輪やリード」「ケア用品」をまず揃えるようにします。

 

スタンダードプードルの食事について

食事量

普段与えているドッグフードの裏面に記載されている量をあげるようにします。

ただ、体重との換算表は、愛犬が「理想体型」であることを前提としているので、太っている子や痩せている子は量の調整が必要となります。

 

おすすめドッグフード

カナガンドッグフード

スタンダードプードルには、「カナガンドッグフード」がおすすめです。

カナガンドッグフードの原材料は、全てヒューマングレード(人間用の食品工場で加工出荷された肉・魚・野菜を使用。

原材料の50%以上に、「骨抜きチキン生肉」や「乾燥チキン」が使われているのも嬉しいですね。

 

 

スタンダードプードルのお手入れについて

スタンダードプードルとの生活をより良くするためには、日々のこまめなケアが欠かせません。

 

被毛ケア

抜け毛は少なめですが、毛玉ができやすいので小まめな手入れが欠かせません。

毛玉ができてしまった場合は、丁寧にほぐしてから毛の流れとは逆向きにブラシを動かすといいですよ。

 

シャンプー

被毛が汚れやすいので、1~2ヶ月に1回を目安に行います。

シャンプーが終わった後は流し残しのないように、丁寧にすすぐことも忘れないでくださいね。

 

歯磨き

定期的な歯磨きは口腔疾患のケアに繋がります。

指に巻いたガーゼで歯の表面に付着した汚れをふき取るようにします。

 

爪切り

血管を傷つけないように、爪の先端から少しずつ切るようにします。万が一の時のために止血剤も用意しておくといいですよ。

 

耳掃除

耳掃除は、耳が汚れているタイミングで行います。

「耳垢が増えた」などいつもと違う様子であれば、病院で診察を受けるようにしてくださいね。

 

スタンダードプードルの運動について

毎日1時間程度の運動を心がけるようにします。

美しく優雅な容姿をしていますが、元々レトリーバー(狩猟犬)として活躍していたので豊富な体力と優れた運動神経を持ち合わせているからです。

水遊びや泳ぐことが大好きなので、夏場などは時々泳ぎにつれていってあげるのもおすすめです。

 

スタンダードプードルのしつけについて

飼い主がリーダーであるという関係性を理解してもらった上で、褒めて伸ばすしつけが合っています。

言うことを聞かないからといって力で解決するような方法は合っていません。根気と愛情を持って気長にトレーニングするようにしてくださいね。

 

スタンダードプードルの迎え入れについて

迎え入れの方法

迎え入れる方法としては、「ブリーダー」「里親制度」の2つがあります。

それぞれにメリットや注意点があるので、自分に適した方法で迎え入れるようにしてくださいね。

 

迎え入れにかかる費用

スタンダードプードルの子犬の販売価格はおよそ35万円です。

人気犬種ですがペットショップで販売されることは少なく、ブリーダーさんの数も多くないので購入を考えている場合は事前の予約をおすすめします。

 

まとめ

この記事では、スタンダードプードルの飼い方について紹介しました。

すでに飼育している、これから飼育を考えている皆様のお役に立てる情報があれば幸いです。

 

↓犬種205種類まとめ記事を読む↓